ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす広報課県からのお知らせ(平成28年6月5日新聞掲載)

県からのお知らせ(平成28年6月5日新聞掲載)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月5日更新

火薬類取扱保安責任者(甲種・乙種)・火薬類製造保安責任者(丙種)試験 / みやぎ花のあるまちコンクール参加者募集 / 政策評価・施策評価等に関する意見募集 / 聴覚障害者のための「よくわかる障害者差別解消法」講話 / 戦没者慰霊巡拝参加者募集 / 「夏休み親子工作教室」参加者募集 / みやぎカーインテリジェント人材育成センター研修の受講者募集 / 第2期宮城県教育振興基本計画策定に関する圏域別意見交換会 / 風営適正化法および同法施行条例の改正・施行について / 宮城県警察官A(大卒・大卒見込)採用試験・選考考査 / 宮城県循環型社会形成推進計画(第2期)を策定しました! /
※日程や申し込み方法など、各お知らせのより詳しい内容は(問)にお問い合わせください。アドレスを掲載しているお知らせは、ホームページにも詳しい情報があります。
※東日本大震災に関する各種制度および相談窓口などの情報は、データ放送(NHK総合、ミヤギテレビ)で配信しています。

火薬類取扱保安責任者(甲種・乙種)・火薬類製造保安責任者(丙種)試験

  • 試験日/9月4日(日曜日)
  • 試験会場/宮城県建設産業会館(仙台市)
  • 願書/宮城県火薬類保安協会、宮城県建設業協会支部、県消防課、各消防署で配布
  • 願書受付/6月21日(火曜日)〜30日(木曜日)

問:全国火薬類保安協会宮城県試験事務所
Tel:022(225)0931
問:県消防課
Tel:022(211)2377

みやぎ花のあるまちコンクール参加者募集

花づくりや緑の育成を通じて、地域づくりや人々との交流を行う団体を募集します。

  • 対象/地域や職場などの団体
  • 応募方法/応募用紙に必要事項を記入し、花づくりや緑の育成をしている状況が分かる写真を添えて9月16日(金曜日)までに持参(土日・祝日を除く)または郵送(消印有効)により下記へ
  • 応募用紙/下記ホームページからダウンロードもしくは郵送により提供
    ※入賞した団体には、賞状および商品券が贈られます。

問:すばらしいみやぎを創る協議会事務局(県共同参画社会推進課内)
Tel:022(211)2576
〒980-8570(所在地記載不要)
共同参画社会推進課
すばらしいみやぎを創る協議会

政策評価・施策評価等に関する意見募集

県では、平成27年度に実施した政策・施策の評価等に関する資料を公表し、県民の皆さんのご意見を募集します。

  • 資料公表場所/県政情報センター、各地方振興事務所(仙台を除く)県政情報コーナー、県議会図書室(県議会庁舎)、下記ホームページ
  • 提出方法/6月27日(月曜日)までに、郵送(消印有効)、ファクシミリ、Eメールのいずれかで下記へ

問:県震災復興政策課
Tel:022(211)2406 Fax:022(211)2493
〒980-8570(所在地記載不要)
問:震災復興政策課
Eメール:seisakuiken@pref.miyagi.jp
平成28年度政策評価・施策評価等に関するご意見を募集します(平成28年5月27日)【意見募集は終了しました】

聴覚障害者のための「よくわかる障害者差別解消法」講話

見た目では分かりにくい聴覚障害を、周囲にどう伝えたらよいかをはじめ、障害者差別解消法の概要や合理的配慮を学びます。

  • 日時/6月13日(月曜日)午後1時30分〜3時
  • 場所/宮城県聴覚障害者情報センター(仙台市)
  • 対象/聴覚障害者の方とその家族など
  • 申し込み・費用/不要・無料

問:宮城県聴覚障害者情報センター
Tel:022(393)5501 Fax:022(393)5502
Eメール:info@mimisuppo-miyagi.org
問:県障害福祉課
Tel:022(211)2542

戦没者慰霊巡拝参加者募集

県では、先の大戦で亡くなられた方々の国主催の慰霊巡拝に、参加を希望するご遺族を募集し、国への推薦を行っています。

  • 巡拝地域・時期/(1)フィリピン・平成29年2月(10日間)(2)硫黄島(第2次)・平成29年2月(2日間)ほか
  • 対象者/慰霊巡拝を行う地域における戦没者の遺族のうち、配偶者(再婚した者を除く)、父母、子、兄弟姉妹、子および兄弟姉妹の配偶者(夫婦での参列に限る)、孫、おい、めいの方
  • 申込期限/(1)10月7日(金曜日)(2)10月31日(月曜日)ほか

問:県社会福祉課
Tel:022(211)2563

「夏休み親子工作教室」参加者募集

親子でモノづくりの楽しさを体験できる工作教室を開催します。

  • 内容/「かってにクネクネ走るカー」の製作
  • 対象/小学校4〜6年生の親子・各回20組(先着順)
  • 開催日時/(1)7月23日(土曜日)午前10時〜正午(2)23日(土曜日)午後1時〜3時(3)24日(日曜日)午前10時〜正午(4)24日(日曜日)午後1時〜3時
  • 会場/トヨタ東日本学園(大衡村)駐車場有り
  • 費用/無料
  • 募集期間/6月6日(月曜日)〜7月8日(金曜日)までに、はがき(消印有効)、ファクシミリまたはEメールに、参加者氏名(親子)、子の学年、郵便番号、住所、電話番号、希望日時(第1希望〜第4希望)を明記し下記へ

問:県産業人材対策課
Tel:022(211)2764 Fax:022(211)2769
Eメール:sanzinp@pref.miyagi.jp

みやぎカーインテリジェント人材育成センター研修の受講者募集

自動車関連業界や自動車技術への理解を深める研修を開催します。

  • 対象/東北の大学・専門学校などの学生
  • 期間/8月9日(火曜日)〜9月2日(金曜日)
  • 場所/仙台市戦災復興記念館ほか
  • 講師/自動車の開発・設計に携わるメーカーの技術者など
  • 費用/無料
  • 申し込み/7月15日(金曜日)までに下記ホームページからお申し込みください

問:県自動車産業振興室
Tel:022(211)2724
平成28年度みやぎカーインテリジェント人材育成センター研修の受講者募集

第2期宮城県教育振興基本計画策定に関する圏域別意見交換会

第2期宮城県教育振興基本計画の策定に当たり、地域の教育の現状や課題を把握するとともに、宮城の教育が目指す方向性や計画素案などについて、学校や地域の団体などと話し合う、意見交換会を開催します。意見交換会は傍聴することができます(事前申し込み不要)。

  • 期日・場所/6月11日(土曜日)気仙沼、12日(日曜日)仙台・大河原、19日(日曜日)大崎・栗原 各合同庁舎
    ※各圏域の会場や時間、傍聴者の定員については下記ホームページをご覧ください。

問:県教育庁教育企画室
Tel:022(211)3616
教育企画室

風営適正化法および同法施行条例の改正・施行について

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律および同法施行条例が改正され、6月23日から施行されます。
これにより、深夜に客にダンスなどの遊興をさせ、かつ、酒類を伴う飲食を提供する場合「特定遊興飲食店営業」として許可が必要になります。
また、ゲーム場などの16歳未満の入場時間について、新たに午後6時から8時前までの保護者同伴規定などが設けられております。
詳しくはホームページをご覧いただくか下記までお問合せください。
問:県警察本部生活安全企画課
Tel:022(221)7171
http://www.police.pref.miyagi.jp/hp/seian/kyoninka/

宮城県警察官A(大卒・大卒見込)採用試験・選考考査

職種・採用予定人員/(1)男性一般・85人程度(2)男性武道指導・5人程度(3)女性一般・15人程度(4)女性武道指導・2人程度(5)サイバー捜査官・3人程度(6)財務捜査官・2人程度
申込受付期間/6月17日(金曜日)まで
第1次試験日/7月10日(日曜日)
受験申込書/県内各警察署などで配布
問:県警察本部警務課
Tel:0120(204)606
〒980-8410 仙台市青葉区本町3-8-1
宮城県警察/警察官・警察職員採用案内

宮城県循環型社会形成推進計画(第2期)を策定しました!

リスタート! みやぎの3R-リデュース・リユース・リサイクル-リスタート! みやぎの3R
〜もう一度! 循環型社会の形成のために明日への一歩を踏み出す願いを込めて〜
Reduce リデュースは、無駄なものをもらったり買ったりせず、ごみとなるものを【へらす】
Reuse リユースは、ものを大切に【つかう】
Recycle リサイクルは、ごみを分別して資源へ【もどす】
県では、平成28年3月に循環型社会形成推進計画(第2期)を策定しました。この計画では、平成28年度から平成32年度までの5年間で、目指すべき循環型社会のための施策を展開することとしています。
全ての主体の行動の促進
循環型社会を支える基盤の充実
循環資源の3R推進
廃棄物の適正処理
4つの基本方針を柱として、総合的かつ計画的に取り組んでいきます。

6つの重点課題

従来からの課題に加えて、震災の影響や法律の改正などに伴い、新しい課題が見えてきました。
この中で特に優先すべき課題を重点課題としました。
(1) ごみの分別などの環境配慮行動の推進
(2) 小型電子機器などのリサイクル制度の推進
(3) 食品廃棄物などのリサイクルの推進
(4) 放射性物質が付着した廃棄物処理の推進
(5) 震災経験を生かした災害廃棄物処理計画の策定
(6) 不法投棄防止対策の推進
東日本大震災により後退していた3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取り組みを再始動させ、もう一度みんなが手を取り合い、連携して循環型社会を形成しましょう。
計画(第2期)は、県循環型社会推進課のホームページでご覧いただけます。
「県民として」「事業者として」「民間団体として」「教育研究機関として」「行政として」それぞれの課題に対して、各主体の取り組みおよび目標について、ぜひご覧ください。
問:県循環型社会推進課
Tel:022(211)2649
Eメール:junkanr@pref.miyagi.jp
循環型社会推進課