ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす広報課県からのお知らせ(平成28年1月3日新聞掲載)

県からのお知らせ(平成28年1月3日新聞掲載)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月3日更新

平成28年度入学 宮城大学学生募集 / 環境産業コーディネーター(宮城県職員非常勤特別職)募集 / 精神障害者の雇用と就業支援を学ぶセミナー / 生物多様性シンポジウム / 福祉のしごと面談会 / 平成28年宮城県保育士試験 / 測量士・測量士補国家試験 / 労使間トラブルの解決を支援します / 労働生産性とワーク・ライフ・バランスについての企業交流会を開催します! / いしのまき復興体感!「まちなか周遊号」 / 「宮城がうまい!Vol.4~「牡蠣(カキ)」~」 /

※日程や申込方法など、各お知らせのより詳しい内容は問にお問い合わせください。アドレスを掲載しているお知らせは、ホームページにも詳しい情報があります。
※東日本大震災に関する各種制度および相談窓口などの情報は、データ放送(NHK総合、ミヤギテレビ)でも配信しています。

平成28年度入学 宮城大学学生募集

学部および研究科・人員

(1)【学部一般選抜】看護学部・50人、事業構想学部・115人、食産業学部・83人(2)【事業構想学研究科博士課程】前期課程・16人、後期課程・2人(3)【食産業学研究科博士課程】前期課程・9人、後期課程・3人

試験日

(1)【前期】2月25日(木曜日)、【後期】3月12日(土曜日) (2)(3)2月6日(土曜日)

出願期間

(1)1月25日(月曜日)~2月3日(水曜日)(2)(3)1月18日(月曜日)~25日(月曜日)

募集要項

下記の大学窓口で配布または角形2号の返信用封筒(250円切手を貼り、表面に(1)、(2)、(3)の区分を朱書き、郵便番号、住所、氏名を記入)を下記へ

問:宮城大学入試担当
Tel:022(377)8333
〒:981-3298 大和町学苑1-1
宮城大学のホームページ

問:県私学文書課
Tel:022(211)2295

環境産業コーディネーター(宮城県職員非常勤特別職)募集

業務内容

県内企業などの再生可能エネルギーと省エネルギーの導入促進支援、廃棄物の3R推進支援

対象・採用予定人員

民間企業などで通算5年以上、エネルギー管理や廃棄物管理などの実務経験がある方・若干名

勤務先

県庁(企業訪問あり)

勤務日

週4日(平日)午前8時30分~午後4時45分

選考方法

書類、課題レポート、面接

募集期限

1月29日(金曜日)(必着)

募集要項

下記ホームページからダウンロード

任期

4月1日~平成29年3月31日

問:県環境政策課
Tel:022(211)2664
〒980-8570 仙台市青葉区本町3-8-1

環境政策課のページ

精神障害者の雇用と 就業支援を学ぶセミナー

内容

精神障害者の雇用事例紹介と就業支援事例の紹介

対象

精神障害者の雇用に関心のある企業の担当者など

日時・場所

(1)1月14日(木曜日)・県石巻合同庁舎 5階 大会議室(2)1月19日(火曜日)・県大崎合同庁舎 5階 501会議室(3)2月17日(水曜日)・TKPガーデンシティ仙台勾当台 2階 ホール2(1)~(3)いずれも午後2時~4時

定員

(1)(2)30人(3)100人((1)~(3)いずれも先着順)

費用

無料

申し込み

申込書に必要事項を記入し、各開催日の1週間前までに、ファクシミリにより、下記へ

申込書

下記で配布または下記ホームページからダウンロード

問:県雇用対策課
Tel:022(211)2772
Fax:022(211)2769

生物多様性シンポジウム

県では、生物多様性について、より多くの方々に知っていただくため、「生物多様性シンポジウム」を開催します。当日は、生物多様性に関する講演や関係団体の活動などを紹介するほか、生物多様性について取り組んでいる学校の表彰や活動の発表を行います。この機会に自然の恵みを将来に引き継いでいくために私たちが出来ることを考えてみませんか。

日時

2月3日(水曜日)午後2時~4時

場所

県庁2階講堂

費用

無料
※申し込み方法など詳しくは、ホームページをご覧ください。

問:県自然保護課
Tel:022(211)2672
自然保護課のページ

福祉のしごと面談会

介護・看護・保育などの福祉関係の職業について、直接、採用担当者と面談できます。福祉関係への就職を希望する方や福祉の職業に関心のある方は、ぜひご参加ください。

参加事業所

福祉関連事業所約30社

日時

2月4日(木曜日)午後1時~4時

場所

アエル5階多目的ホール

持ち物

ハローワーク登録者はハローワークカードまたは雇用保険受給資格者証、それ以外の方は特になし

費用・申し込み

無料・不要

問:ハローワーク仙台
Tel:022(299)8821

問:県福祉人材センター
Tel:022(262)9777

問:県社会福祉課
Tel:022(211)2519

平成28年宮城県保育士試験

筆記試験日

4月23日(土曜日)、24日(日曜日)

実技試験日

7月3日(日曜日)

申請期間

1月6日(水曜日)~2月3日(水曜日)

受験の手引き

1月6日(水曜日)からインターネットまたは郵送により下記センターへ請求

問:保育士試験事務センター
Tel:0120(4194)82
〒171-8536 東京都豊島区高田3-19-10
一般社団法人 全国保育士養成協議会のホームページ

問: 県子育て支援課
Tel:022(211)2529

「測量士・測量士補国家試験

試験日

5月15日(日曜日)

試験地

宮城県ほか全国13都道府県

出願

1月5日(火曜日)~29日(金曜日)に国土地理院総務部総務課へ

願書

1月5日(火曜日)から下記および県の各土木事務所で配布

問:国土地理院
【総務部総務課】
Tel:029(864)8214

問:県用地課
Tel:022(211)3122

労使間トラブルの解決を支援します

県労働委員会では、解雇、賃金、パワハラ・セクハラなど労働関係をめぐる労働者個人と使用者との間のトラブルについて、話し合いによる解決を支援しています。公益、労働者、使用者、それぞれの立場の労働問題の専門家が労使間の話し合いを取り持ち、労使双方の主張や事情を公平公正かつ多角的にとらえて、問題解決の合意点を探りながら、トラブルの解決を目指します。
費用は無料で、秘密は厳守されますので、労使間のトラブルでお困りの方は、一度ご相談ください。

問:県労働委員会事務局審査調整課
Tel:022(211)3787
個別労使紛争のあっせんのページ

労働生産性とワーク・ライフ・バランスについての企業交流会を開催します!

従業員の労働生産性の向上とワーク・ライフ・バランスの取れた職場づくりについて企業の皆さんとともに考えてみませんか。

内容

基調講演「ワーク・ライフ・バランスの現状とこれから」(講師/日本生産性本部ダイバーシティー推進センター室長 長谷川真理氏)、交流会(コーディネーター/中小企業診断士 鈴木大輔氏)

日時

1月18日(月曜日)午後2時~4時30分

場所

自治会館2階203会議室

対象

県内企業の経営者および人事労務担当者をはじめ関心のある方

申し込み

申込用紙に必要事項を記入し、1月12日(火曜日)までに、ファクシミリまたはEメールにより、下記へ

申込用紙

下記ホームページからダウンロード

問:県雇用対策課
Tel:022(211)2771
Fax:022(211)2769
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/koyou/kouryukai.html

いしのまき復興体感! 「まちなか周遊号」

JR石巻駅から市内の観光地などを周遊する乗合ジャンボタクシー「まちなか周遊号」を土日祝日限定で、1日4便を運行しています。
「まちなか周遊号」を利用して、石巻で進む復興の「今」をぜひご体感ください。

定員

1便9人(先着順)

期間

3月21日(月・休)までの土曜、日曜、祝日※1月3日(日曜日)は運休

費用

1乗車500円(未就学児無料)

問:県東部地方振興事務所地方振興部
Tel:0225(95)1767
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/et-sgsin-e/machinaka.html

「宮城がうまい!Vol.4~「牡蠣(カキ)」~」

食材王国みやぎが誇るおいしい食材をご紹介します。

宮城の冬の風物詩

宮城県は、カキの生産量が全国トップクラスで、国内有数の産地です。
栄養価が高く「海のミルク」とも呼ばれるカキは、海水温が低くなる晩秋から翌年の春にかけて旬を迎えます。

海を越えて助け合う三陸のカキ

1970年代にフランスでカキの病気がまん延し、壊滅的な被害が発生した際、宮城県から多くのマガキの種苗を提供しました。宮城産の種苗は病気に強く、繁殖力が高かったことから、現在フランスで流通するカキの大半は、この宮城のカキの子孫といわれています。東日本大震災発生後はフランスから三陸のカキ生産者への支援が行われるなど、カキを通じ、海を越えた交流が続いています。

みやぎの「牡蠣(カキ)」の魅力を伝えます。

三陸のきれいな海水で育った宮城県産カキは、濃厚な味わいを楽しめるのが特徴です。新鮮な生ガキには、磯の香りと甘みがぎゅっと凝縮されており、酢じょうゆだけで、おいしく召し上がれます。また生食以外にもカキ鍋やバター焼きなどさまざまな料理で楽しめます。海水温の低い今がまさに旬!ご家庭でもぜひ、宮城県産カキの豊潤な磯の香りと濃厚な甘みを味わってみてください。

問:県食産業振興課
Tel:022(211)2813
食材王国みやぎホームページ
食材王国みやぎのホームページ