ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす広報課県からのお知らせ(平成27年10月4日新聞掲載)

県からのお知らせ(平成27年10月4日新聞掲載)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月4日更新

身体障害者を対象とした宮城県職員採用選考考査 /  平成27年度みやぎ食育フォーラム開催 /  危険物取扱者試験(全種類) /  平成27年度宮城県原子力防災訓練 /  ひとり親家庭就職・転職支援セミナー /  食品衛生法施行条例が改正されました /  みやぎ新規大卒等就職面接会 /  花育移動教室親子バスツアー参加者募集 /  流域下水道まつり /  第57回北海道・東北ブロック民俗芸能大会 /  全国地域安全運動~みんなでつくろう安心の街~ /  10月は3R推進月間です! / 

※日程や申込方法など、各お知らせのより詳しい内容は問にお問い合わせください。アドレスを掲載しているお知らせは、ホームページにも詳しい情報があります。
※東日本大震災に関する各種制度および相談窓口などの情報は、データ放送(NHK総合、ミヤギテレビ)でも配信しています。

身体障害者を対象とした宮城県職員採用選考考査

  • 職種・採用予定人員/(1)一般事務(大学卒業程度)・5人程度(2)学校事務(短期大学卒業程度)・2人程度(3)警察事務(短期大学卒業程度)・若干名(4)一般事務(高等学校卒業程度)・3人程度(5)学校事務(高等学校卒業程度)・3人程度
  • 応募資格/身体障害者福祉法第15条に定める身体障害者手帳の交付を受け、その障害の程度が1~6級の方(その他の受考要件あり。大学卒業者などは(4)(5)の受考不可。(1)~(5)いずれも点字などによる受考可能)
  • 対象年齢/(1)昭和61年4月2日から平成6年4月1日までに生まれた方(2)(3)昭和61年4月2日から平成8年4月1日までに生まれた方(4)(5)昭和61年4月2日から平成10年4月1日までに生まれた方
  • 第1次考査日/12月9日(水曜日)
  • 申込期限/11月13日(金曜日)(消印有効)

問:県人事課
Tel:022(211)2227
〒980-8570 仙台市青葉区本町3-8-1

平成27年度みやぎ食育フォーラム開催

  • 内容/基調講演「食べ方から始める子どもの食育」(講師:東北大学大学院歯学研究科教授 福本敏氏)、シンポジウム「みやぎの食育の環(わ)をつなげよう~次のステージに向けて~」、「みやぎ食育表彰」表彰式など
  • 定員/300人(先着順)
  • 日時/11月18日(水曜日)午後1時~4時
  • 場所/県庁2階講堂
  • 申し込み/11月6日(金曜日)までに、お住まいの市町村名、氏名、電話番号を、電話またはファクシミリにより下記へ

問:県健康推進課
Tel:022(211)2637
Fax:022(211)2697
みやぎの食育~次世代へ伝えつなげる食育の推進~

危険物取扱者試験(全種類

  • 期日/11月29日(日曜日)
  • 場所/東北大学川内北キャンパス
  • 出願/10月7日(水曜日)~16日(金曜日)(消印有効)に郵送により下記センターへ
  • 願書/下記および主な消防署などで配布
    ※一部の申請を除き電子申請も可能です。

問:消防試験研究センター宮城県支部
Tel:022(276)4840
〒981-8677 仙台市青葉区堤通雨宮町4-17
県仙台合同庁舎5階
問:県消防課
Tel:022(211)2374

平成27年度宮城県原子力防災訓練

県では、関係市町(女川町、石巻市、登米市、東松島市、涌谷町、美里町、南三陸町)と連携し、平成27年度宮城県原子力防災訓練を実施します。
当日は、通信連絡や住民避難訓練、原子力災害医療活動訓練などを行うほか、関係市町やその周辺地域にお住まいの方などの携帯電話に、緊急速報のメールを配信する訓練を実施します。ご理解とご協力をお願いします。

  • 実施日/10月30日(金曜日)

問:県原子力安全対策課
Tel:022(211)2341

ひとり親家庭就職・転職支援セミナー

  • 内容/(1)自己分析セミナー(2)就職活動実践セミナー
  • 対象/県内のひとり親家庭の母や父または寡婦で就職・転職希望者
  • 日時/(1)10月14日(水曜日)(2)11月1日(日曜日)(1)(2)ともに午前9時30分~11時30分
  • 場所/宮城県母子・父子福祉センター(仙台市宮城野区安養寺3-7-3)
  • 費用/無料
  • 託児/無料(3歳~小学3年生、要予約)
  • 申し込み/開催日3日前の午後4時までに、講習会名、住所、氏名、電話番号、託児の有無(託児を希望する場合は、子どもの名前と年齢)をファクシミリまたは電話により、下記連合会へ

問:宮城県母子福祉連合会
Tel・Fax:022(256)6512
問:県子育て支援課
Tel:022(211)2633

食品衛生法施行条例が改正されました

食品の安全を守るために必要な事項を定めている食品衛生法施行条例が改正され、県内(仙台市を除く)の食品関係事業者は、10月1日(木曜日)から、国際的に普及が進んでいる衛生管理手法であるHACCP(ハサップ)による衛生管理を行うことを選択できるようになりました。
問:県の各保健所・支所
問:県食と暮らしの安全推進課
Tel:022(211)2644
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/shoku-k/ kaisei.html

みやぎ新規大卒等就職面接会

県内の大学生などと企業が一堂に会する就職面接会を開催します。

  • 対象/平成28年3月に大学を卒業する予定の方および既卒3年以内の方
  • 日時・場所/(1)10月30日(金曜日)午後1時~4時(正午から受け付け)・仙台サンプラザホール(2)11月6日(金曜日)午後1時~3時30分(午後0時30分から受け付け)・アエル5階多目的ホール

問:県雇用対策課
Tel:022(211)2772

花育移動教室親子バスツアー参加者募集

石巻市内で、ガーベラの収穫体験やフラワーアレンジメント製作、鉢花生産施設の見学を行うバスツアーを開催します。

  • 対象/県内の小学生とその保護者
  • 定員/20組40人程度(応募多数の場合は抽選)
  • 日時/11月8日(日曜日)午前9時~午後4時※県庁前集合解散
  • 費用/1人につき1000円(昼食代、保険代)(税込み)
  • 申し込み/10月26日(月曜日)までに、住所、参加者全員の氏名と生年月日、電話番号を記入し、Eメールまたはファクシミリにより下記へ 問:花と緑普及促進協議会事務局(県農産園芸環境課内)

Tel:022(211)2843
Fax:022(771)8307
Eメール hanaiku@leprojet.co.jp
花育移動教室

流域下水道まつり

暮らしを支える下水道の仕組みをご覧いただける施設見学のほか、来場者の皆さんが楽しめるイベントを多数実施しますので、ぜひご来場ください。

  • 日時/10月10日(土曜日)午前9時30分~午後2時30分
  • 場所/石巻浄化センター(石巻市蛇田字新〆切5-2)※駐車場有り、小雨決行
  • 入場料・申し込み/無料・不要

問:アイ・ケー・エス
Tel:0225(94)1994
問:県下水道課
Tel:022(211)3142

第57回北海道・東北ブロック民俗芸能大会

北海道・東北地区に伝承されている民俗芸能が宮城県に集い、上演されます。

  • 出演団体/北海道および東北5県各1団体、宮城県2団体の計8団体
  • 日時/11月1日(日曜日)午前9時30分~午後4時
  • 場所/仙台市民会館
  • 費用・申し込み/無料・不要

問:県文化財保護課
Tel:022(211)3683

全国地域安全運動~みんなでつくろう安心の街~

10月11日(日曜日)~20日(火曜日)の10日間、全国地域安全運動が実施されます。
この運動は安全で安心して暮らせる地域社会の実現を目指して、防犯協会、自治体、警察などの関係機関や団体が協働で展開するもので、この運動期間中、県内各地域では防犯意識を高めるさまざまな取り組みが行なわれます。
地域の安全を守るためには皆さんの協力が不可欠です。力を合わせ、安全で安心して暮らせるまちづくりを進めましょう。
問:県警察本部生活安全企画課
Tel:022(221)7171

10月は3R推進月間です!

ごみを減らす(リデュース)、ものを繰り返し使う(リユース)、資源としてまた使えるようにする(リサイクル)ことを意識して、環境に優しい生活を目指しましょう。

私たちの日々の生活で、宮城県ではどれだけのごみが発生しているかご存じでしょうか?
1年間に80万トン(東京ドーム2.4杯分)を超えるごみが家庭や事業所などから発生しており、県民1人あたりに換算すると、1日におよそ1キログラムのごみを発生させていることになります。
ごみの中身には紙、食料品などの容器、生ごみなどが含まれますが、こういったごみは、ちょっとしたひと手間で減らすことができます。そのためのキーワードが3R(リデュース、リユース、リサイクル)です。

リデュース

  • 生ごみを3つのきる(使いきる、食べきる、水をきる)で減らしましょう。
  • マイバッグ、マイカップ、マイボトル、マイ箸などを利用しましょう。
  • 詰め替えの製品や包装の少ない商品を選びましょう。

リユース

  • ものを大切に使い、できるだけ長い間使いましょう。
  • 壊れてしまったものを修理したり、いらなくなったものを人に譲ったりすることで、ものを何度でも使うようにしましょう。

リサイクル

  • ごみは分別することで資源として再利用できるようになります。お住まいの地域の分別の仕方をチェックし、正しく分別してごみを捨てましょう。
  • お買い物の際にはリサイクル製品を選んでみましょう。

限りある資源を有効活用するために、日々の生活や産業活動で3Rを推進していきましょう!

3Rについてのパネル展示を行います

  • 10月7日(水曜日)~21日(水曜日) 宮城県図書館 1階エントランスホール
  • 10月26日(月曜日)~30日(金曜日) 県庁舎 2階回廊

ラジオCM放送中(東北放送/FM仙台)
問:県循環型社会推進課
Tel:022(211)2649
Eメール junkanr@pref.miyagi.jp
循環型社会推進課