ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす広報課県からのお知らせ(平成26年9月7日新聞掲載)

県からのお知らせ(平成26年9月7日新聞掲載)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月8日更新

東日本大震災災害義援金の支給について

全国の皆さまから、県や日本赤十字社などに寄せられた東日本大震災災害義援金は、段階的に配分され、各市町村を通して、被災された方々に支給されています。
今回、新たな配分が決定し、人的被害を受けた遺族または本人、半壊以上の住家被害を受けた世帯を対象に、義援金が支給されることになりました。
災害義援金の受け取りには申請が必要ですが、一度申請すれば、その後は自動的に支給されますので、手続きは不要です。まだ申請をされていない方は、お早めに手続きをしてください。
なお、申請窓口は、震災当時にお住まいの各市町村災害義援金支給担当課となります。
問:各市町村災害義援金支給担当課
問:県社会福祉課
Tel:022(211)2516
宮城県災害義援金配分委員会について

▲ページのトップへ戻る

 

県議会9月定例会開会

9月17日(水曜日)午後1時から、9月定例会の本会議が開会される予定です。本会議や委員会は傍聴できるほか、インターネットでも本会議の様子をご覧いただけます。
【ラウンジコンサート(開会初日)】
  • 日時/9月17日(水曜日)午後0時15分~45分
  • 場所/県議会庁舎1階ラウンジ
  • 出演/建部紘子
  • 曲目/トルコ行進曲ほか
問:県議会事務局総務課
Tel:022(211)3571
宮城県議会

▲ページのトップへ戻る

 

福島原発事故による損害賠償請求研修会および個別相談会

  • 内容/弁護士や原子力損害賠償紛争解決センター職員による損害賠償請求手続きや和解の仲介の申し立てなどについての研修会および弁護士による個別相談
  • 対象/県内の法人・個人事業者、個人など
  • 日時・場所/(1)9月17日(水曜日)・県大河原合同庁舎(2)9月19日(金曜日)・県大崎合同庁舎(1)(2)とも午後1時~4時30分
  • 定員/【研修会】(1)200人(2)130人【個別相談会】(1)(2)とも10人程度(先着順)
  • 申し込み/(1)9月12日(金曜日)(2)9月16日(火曜日)までに、所定の申込書に必要事項を記入し、ファクシミリ、Eメールまたは郵送(必着)により下記へ
  • 申込書/県の各合同庁舎で配布またはホームページからダウンロード
問:県原子力安全対策課
Tel:022(211)2340
Fax:022(211)2695
Eメールgentaij@pref.miyagi.jp
〒980-8570(所在地記載不要)
県原子力安全対策課
原子力安全対策課

▲ページのトップへ戻る

 

爆発物による犯罪の未然防止にご協力ください

近年、市販の化学物質から爆発物を製造する事件が多発しています。
「近所から薬品や火薬のにおいがする」「庭の植木などが不自然に枯れている」「大量の肥料が盗難に遭っている」「不燃物として農薬・薬品の空き瓶が大量に捨てられている」など、不審なできごとがあったら、最寄りの警察署にご連絡ください。
爆発物による犯罪を未然に防止するため、県民の皆さんのご協力をお願いします。
問:県警察本部外事課
Tel:022(221)7171

▲ページのトップへ戻る

 

あなたの声掛けが自死防止につながります

9月10日~16日は自殺予防週間です。
自死(自ら命を絶つこと)を考えるほど悩んでいる方は、不眠や原因不明の体調不良を訴えるなど何らかのサインを発していることが多いことから、周囲の人がそれに気づき、悩みに耳を傾けることが重要です。
家族や友人がいつもと違う様子の時には声を掛け、話を聞いて、必要があれば下記または各種相談窓口(下記ホームページアドレス)への相談を勧めてください。
【相談電話】
こころの健康相談統一ダイヤル
Tel:0570(064)556
問:県障害福祉課
Tel:022(211)2518
自死対策関連機関(相談窓口)

▲ページのトップへ戻る

 

大崎高等技術専門校オープンキャンパス

  • 内容/各訓練科の内容説明、校内見学、体験実習
  • 訓練科/電気科、建築科
  • 対象/来春高校卒業予定の方やその保護者、入学を希望する若年者など
  • 日時/10月4日(土曜日)午前10時~午後0時30分
  • 費用/無料
  • 申し込み/10月3日(金曜日)の正午までに、電話により下記へ
※体験実習も行いますので、軽作業に適した服装と運動靴でお越しください。
問:大崎高等技術専門校
Tel:0229(22)1357

▲ページのトップへ戻る

 

みやぎの農業試験研究機関を一般公開します

【農園研体験デー】
  • 内容/県農業・園芸総合研究所が実施した試験研究成果の紹介や、野菜の食べ比べ、花束作りなど、野菜、花、果物に関わる体験
  • 日時/10月4日(土曜日)午前10時~午後3時
  • 場所/県農業・園芸総合研究所
  • 費用/無料
  • 申し込み/9月10日(水曜日)~19日(金曜日)に電話(土曜・日曜・祝日は除く)により下記へ
問:県農業・園芸総合研究所Tel:022(383)8118
農業・園芸総合研究所
【古川農業試験場参観デー】
  • 内容/県古川農業試験場などが実施した試験研究成果の紹介、豆腐づくりや稲刈りの体験、宮城県が育成した新品種の餅米でつくったお餅の試食など
  • 日時/9月27日(土曜日)午前10時~午後3時
  • 場所/県古川農業試験場
  • 費用・申し込み/無料・不要
問:県古川農業試験場Tel:0229(26)5100
古川農業試験場

▲ページのトップへ戻る

 

事業者向け二重債務などの相談窓口

震災により大きな被害を受けた事業者を対象に、支援施策の紹介や事業計画の策定支援、二重債務問題への対応などを行っています。中小企業者のほか、小規模事業者、農林水産・医療福祉事業者など幅広く相談を受け付けています。
【相談機関】
宮城県産業復興相談センター
Tel:022(722)3858
東日本大震災事業者再生支援機構
Tel:022(393)8550
問:県商工経営支援課
Tel:022(211)2744

▲ページのトップへ戻る

 

海岸保全基本計画の変更案に関する説明会および意見募集の延期について

県では、東日本大震災を踏まえた「海岸保全基本計画」の変更を検討しています。
その変更案に関する説明会と意見募集の実施について、仙台市を除く沿岸市町の広報紙(9月号)でお知らせしていましたが、事情により延期することになりました。お詫びしてお知らせします。
  • 延期する説明会の月日・場所/9月9日(火曜日)・県気仙沼合同庁舎、9月12日(金曜日)・宮城県自治会館、9月16日(火曜日)・県石巻合同庁舎
  • 延期する意見募集の期間・提出先/9月1日(月曜日)~30日(火曜日)・沿岸各市町の担当課、県政情報センター(県庁、気仙沼および東部地方振興事務所)など
問:県河川課
Tel:022(211)3177
河川課

▲ページのトップへ戻る

 

山仕事ガイダンス・林業就業・雇用講習の開催日変更について

「みやぎ県政だより」9月・10月号27ページ「県からのお知らせ」で掲載した「山仕事ガイダンス・林業就業・雇用講習」の開催日が変更になりました。お詫びして訂正します。
【変更後】
10月1日(水曜日)午前10時~午後4時
【変更前】
9月25日(木曜日)午前10時~午後4時

▲ページのトップへ戻る

 

廃棄物の不法投棄は重大な犯罪です(9月は廃棄物不法投棄防止強化月間)~美しいふるさと・宮城をこれからも美しいままに~

県では、9月を廃棄物不法投棄防止強化月間として、不法投棄の未然防止に向けたさまざまな対策を強化しています。
不法投棄の撲滅に向けて
東日本大震災からの復興が着実に進む一方で、今後も震災により発生した大量の災害廃棄物の不法投棄が心配されます。廃棄物の不法投棄や不適正な処理は、自然環境や景観を損なうだけでなく、悪臭、地下水汚染などにより私たちの健康や生活環境にさまざまな影響を及ぼします。私たち一人一人が廃棄物処理のルールをしっかりと守り、美しいふるさと・宮城の自然環境を将来に残しましょう。
産廃Gメンによる監視活動
産廃Gメン15人を各保健所に配置し、日々、専用車両で県内をくまなくパトロールして、細やかな監視活動を行っています。
県境パトロール
隣接する各県と連携し、県境付近をそれぞれの県でパトロールすることにより、監視の目を隅々まで行き渡らせています。
スカイパトロール
地上での把握が困難な不法投棄を早期に発見するため、国や関係自治体などと連携して、ヘリコプターを用いた空からのパトロールを実施しています。
廃棄物運搬車両の一斉検問:
産業廃棄物は県境を越えて処理されることも多いため、関係自治体が合同で検問:を行い、違反行為の早期発見に努めています。
団体や企業と情報提供協定を締結
不法投棄されやすい山間部などの監視強化のため、山間部などで事業活動を行っている団体や企業と不法投棄の情報提供に関する協定を締結し、早期発見、被害の拡大防止に努めています。
不法投棄をすると厳しい罰則が!
不法投棄をした場合、5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金、またはこれを併科されるなど厳しい罰則が設けられています(法人の場合の罰金刑は3億円以下となります)。
不法投棄は「しない」「させない」「許さない」!
廃棄物の不法投棄を発見したら、お住まいの市町村、最寄りの保健所または下記までご連絡ください。
問:県循環型社会推進課
Tel:022(211)2463
Fax022(211)2390
Eメールsanpai110@pref.miyagi.jp

▲ページのトップへ戻る