ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童手当制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新

 平成24年4月から新しい児童手当制度が始まりました。

 児童手当は、児童を養育する家庭の生活の安定と、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とした手当です。

1 支給対象

 中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方

2 手当額(児童1人あたり月額)

一覧表
年齢 手当額
 3歳未満 一律 15,000円
 3歳以上、小学校修了前     10,000円 (第3子以降は15,000円)
 中学生 一律 10,000円
 所得制限以上 一律  5,000円 (当分の間の特例給付)

3 支給手続き

 児童手当を受けるには、お住まいの市(区)役所・町村(ただし、公務員の方は勤務先)に申請(認定請求)をする必要があります。
 新たに児童が生まれた方、他の市(区)町村へ転居された方は、15日以内の申請手続きが必要となります。
 (15日を過ぎて申請された場合、原則として遅れた月分の手当が受け取れなくなりますので、ご注意ください。)

4 支給月

 6月、10月、2月にその月の前月までの4か月分が支給されます。

所得制限限度額

 以下に記載した所得額は、児童手当関係法規によって定められた所得額で、地方税法による所得額とは、控除の種類等が異なります。詳しくは、市(区)町村の担当課にお問い合わせください。
 児童手当の所得制限限度額(単価:円)

一覧表
扶養親族所 得制限限度額
0人6,220,000
1人6,600,000
2人6,980,000
3人7,360,000
4人目以上1人につき380,000円加算

詳しくはこちらをご覧ください

 お問い合わせ先 市(区)役所・町村役場の担当課  市(区)町村の担当課はこちら 本文ここまでです


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)