ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全大規模災害防災対策・システム「令和元年度第1回蔵王山火山防災協議会幹事会」を開催しました。

「令和元年度第1回蔵王山火山防災協議会幹事会」を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月21日更新

 蔵王山では,平成27年4月13日から6月16日まで「噴火警報(火口周辺危険)」が発表されるなど,平成25年から平成27年にかけて火山活動の高まりがみられました。その後も火山性地震や火山性微動が時々発生しています。平成28年7月には噴火警戒レベルが導入されています。

 蔵王山におきましては,平成27年3月に火山防災協議会が設置されました。協議会では平成27年度に市町の避難計画を含む火山防災対策を策定しております。平成28年度には火山防災マップを作成したほか,各種訓練を実施しています。

 このたび,令和2年1月23日に宮城県庁において,「令和元年度第1回蔵王山火山防災協議会幹事会」を開催しました。幹事会では,平成31年度及び令和元年度における協議会の活動,蔵王山火山周辺監視カメラの電源・通信の多重化及び火山防災強化推進都道県連盟について報告されたほか,避難促進施設の選定及び令和2年度における協議会の活動について協議が行われました。

 本幹事会で了承された協議事項については,今後協議会(書面開催)にて協議されます。

 蔵王山火山防災協議会では,蔵王山周辺の安全・安心の確保に万全を期すため,今後も火山防災対策の強化を進めてまいります。


  令和元年度第1回蔵王山火山防災協議会幹事会の資料 


     幹事長あいさつ令和元年度第1回蔵王山火山防災協議会幹事会

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)