トップページ > 防災・安全 > 危機管理 > 危機管理全般 > 弾道ミサイル落下時の行動等について

掲載日:2018年1月9日

ここから本文です。

弾道ミサイル落下時の行動等について

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する場合,弾道ミサイルは極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。

仮に,北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合には,24時間いつでも全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して,防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか,緊急速報メール等により緊急情報を伝達することとしています。

昨今の情勢を踏まえ,問い合わせが多く寄せられている,弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に国民がとるべき行動について国が取りまとめたものを国民保護ポータルサイトに掲載しております。

つきましては,県民の皆様にも理解を深めていただくため,同様の資料を掲載しますので,有事の際には落ち着いて行動いただくようお願いします。

全国瞬時警報システム(Jアラート)等による情報伝達について

【国民保護ポータルサイト(内閣官房)参照】

弾道ミサイル落下時の行動について

【国民保護ポータルサイト(内閣官房)参照】

上記に関する,英語,中国語(繁体・簡体),韓国語,スペイン語,ポルトガル語及びベトナム語による資料はこちら(Other languages)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ先

復興・危機管理総務課企画調整班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8-1 5F

電話番号:022-211-2382

ファックス番号:022-211-3881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は