ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす震災復興・企画総務課日米共同方面隊指揮所演習について

日米共同方面隊指揮所演習について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月9日更新

日米共同方面隊指揮所演習に係るお知らせ

陸上自衛隊と米陸軍との日米共同方面隊指揮所演習が、東千歳駐屯地及び仙台駐屯地等で実施されますので、お知らせいたします。

平成30年度日米共同方面隊指揮所演習(日本)(YS-75)の概要について

平成30年度日米共同方面隊指揮所演習(日本)(YS-75)の概要について [PDFファイル/214KB]

目的

陸上自衛隊及び米陸上部隊が、それぞれの指揮系統に従い、共同して作戦を実施する場合における方面隊の指揮幕僚活動を演練して、その能力の維持及び向上を図る。

期間

平成30年12月3日(月曜日)から17日(月曜日)まで

場所

東千歳駐屯地、仙台駐屯地等

演習参加部隊

自衛隊
統裁官

陸上幕僚長 陸将 山崎幸二

演習部隊長

北部方面総監 陸将 田浦正人

東北方面総監 陸将 上尾秀樹

実施部隊

陸上幕僚監部、陸上総隊、北部方面隊、東北方面隊、教育訓練研究本部、海上自衛隊、航空自衛隊等

約5,000名

米軍
統裁官

太平洋陸軍司令官 陸軍大将 ロバート B.ブラウン

演習担任官

第1軍団長 陸軍中将 ギャリー J.ヴォレスキー

実施部隊

第1軍団、第3海兵機動展開旅団、在日米陸軍司令部等

約1,600名

その他

(1)本演習に豪陸軍等から研修を受け入れ予定

(2)本演習に連接し、関係機関の参加を得て国民保護措置等にかかる研修を実施予定

お問い合わせ先

陸上幕僚監部広報室
電話番号03-3268-3111(内線40083)

平成30年度日米共同方面隊指揮所演習(日本)(YS-75)の大要について

平成30年度日米共同方面隊指揮所演習(日本)(YS-75)の大要について [PDFファイル/122KB]

 


    Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)