ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす建築宅地課建築士法の改正について(平成27年6月25日施行)

建築士法の改正について(平成27年6月25日施行)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月25日更新

建築士法の改正

 平成27年6月25日に改正建築士法(「建築士法の一部を改正する法律」平成26年法律第92号)が施行されます。

 改正内容の詳細は,一般社団法人新・建築士制度普及協会のホームページをご覧ください。

  一般社団法人 新・建築士制度普及協会公式サイト(クリックすると外部サイトへつながります)

1 「建築士法の一部を改正する法律」の概要

 主な改正内容については,以下のとおりです。

(1) 書面による契約等による設計等の業の適正化

  • 延べ面積が300平方メートルを超える建築物の設計又は工事監理業務の契約は,書面により締結する。【22条の3の3】
  • 延べ面積が300平方メートルを超える建築物の設計又は工事監理業務は,一括再委託できない。【24条の3】
  • 国土交通大臣の定める報酬の基準に準拠した契約締結に努める。【22条の3の4】

(2) 管理建築士の責務を明確化にし、適正な設計等業務を行う

  • 管理建築士の責務を下記のとおり明確化。【24条】
    • 受託する業務等の選定
    • 業務の実施者の選定
    • 提携先等の選定
    • 事務所の技術者の管理
  • 建築士事務所の開設者に対する管理建築士が述べる意見の尊重義務化。【24条】

(3) 免許証の提示等による情報開示の充実

  • 建築主からの求めに応じ免許証を提示する。【19条の2】

(4) その他改正事項

  • 暴力団員排除のため,建築士事務所の欠格要件及び取消事由に,開設者が暴力団員等であることを追加。【23条の4 】
  • 建築士に対する国土交通大臣・都道府県知事による調査権を新設。【10条の2】
  • 建築士事務所所属建築士を登録事項とし,変更した場合は3ヶ月以内の届出義務化。【23条の5】

  上記以外の改正内容については,以下パンフレットで御確認いただけます。

2 建築士事務所が行う手続き

 建築士法の改正により,すべての建築士事務所(一級・二級・木造)は,現況の所属建築士を確定し登録するため,届出書(附則第3条第1項の規定による)を宮城県に提出する必要があります。(県内の全建築士事務所には,6月中旬に案内書及び届出書用紙を送付しております。)

  1. 届出書
    建築士事務所に所属する建築士の届出書 [Excelファイル/64KB]
    (参考)建築士事務所に所属する建築士の届出書【記入例】 [PDFファイル/265KB]
    ※届出の提出は,法改正後1回のみ行うものであり,毎年提出するものではありません。
  2. 対象者
    建築士事務所登録(一級・二級・木造)をしている県内の全事務所
    ※下記届出期限内に更新登録手続きを行う事務所については提出不要です。
  3. 届出先
    宮城県土木部建築宅地課 企画調査班
    〒980-8570 仙台市青葉区本町三丁目8-1
    電話:022-211-3245
  4. 届出方法
    郵送(直接お持ちいただいても結構です)
  5. 届出期限
    平成27年6月25日から平成28年6月24日まで
    ※期限までに提出しなかった場合や,虚偽の内容による届出をした場合は,附則第3条第4項の規定により,30万円以下の罰金が課せられますので,御注意ください。

 なお,当届出書の提出後に所属建築士に変更があった場合は,指定事務所登録機関である(一社)宮城県建築士事務所協会へ別途変更届を提出(3ヶ月以内)する必要があります。(当届出書とは別の様式となります。)

3 関係リンク


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)