ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす河川課全国なぎさシンポジウムin宮城の開催について

全国なぎさシンポジウムin宮城の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月26日更新

第32回全国なぎさシンポジウムin宮城

 全国なぎさシンポジウムは、人と海の接点である「なぎさ」をテーマに意見交換し、その役割と大切さを再認識することを目的として毎年開催されている全国規模のシンポジウムであり、今年度は宮城県で開催します。

 『令和元年!つなぐ復興となぎさ~受け継がれる宮城の海辺~』をテーマに、国土交通省水管理・国土保全局の小島海岸室長による基調講演、宮城県の沿岸地域の学生とパンサー尾形貴弘さんによる“なぎさ”臨海学習、東北大学大学院の田中仁教授による特別講演、本間ちゃんこと本間秋彦さんとパンサー尾形貴弘さんをはじめとした、さまざまな立場から宮城の“なぎさ”についてトークするリレートークなどを行います。

 また、シンポジウムと同日開催で、宮城県の沿岸市町の特産物を取りそろえた“なぎさ”物産展やパネル展も開催されます。

全国なぎさシンポジウムin宮城

 

  • 開催日時

    令和元年11月7日(木曜日) 午後1時から午後5時10分まで(正午12時開場)

  • 開催場所

    宮城県庁舎2階 講堂(シンポジウム)

         1階 県民ロビー(“なぎさ”物産展、パネル展)

  • 対象

    なぎさについて興味関心のある方はどなたでも参加できます。

  • 内容

    総合司会:本間秋彦氏

    1基調講演

     国土交通省 水管理・国土保全局 海岸室長

    2“なぎさ”臨海学習

     コーディネーター 尾形貴弘さん(パンサー)

     仙台市立岡田小学校の6年生のみなさん

     気仙沼市立小泉小学校の4、5年生のみなさん

     南三陸町立戸倉小学校の6年生のみなさん

     志津川高等学校の自然科学部のみなさん

    3特別講演

     東北大学 大学院 工学研究科 教授 田中仁氏

    4リレートーク

     本間秋彦氏(石巻市牡鹿出身)&尾形貴弘氏(東松島市出身)

     南三陸町 ネイチャーセンター準備室 阿部拓三研究員

     リボーンアート・フェスティバル実行委員会事務局長 松村豪太氏

    主催:全国なぎさシンポジウムin宮城実行委員会

  • 費用

    参加費無料

  • 参加方法

    事前申込みは不要です。当日、会場前の受付にお越し下さい。

    注)席に限りがございますので、予めご了承下さい。

    注)当日は、公共交通機関にてお越し下さい。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)