ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす河川課名取川・阿武隈川下流総合水防演習を開催しました

名取川・阿武隈川下流総合水防演習を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月27日更新

概要

国土交通省・宮城県・流域14市町・関係機関及び地域住民の参加のもと,名取川・阿武隈川下流における大規模な洪水を想定した水防演習を実施しました。

  • 開催日時 平成26年5月25日(日曜日)午前8時20分から正午まで
  • 実施場所 名取川右岸(名取市高舘熊野堂中河原)
  • 実施内容 情報収集伝達訓練,水防工法訓練,避難訓練,救助・救護訓練,第8回東北水防技術競技大会
  • 参加者 土井国土交通大臣政務官,村井知事,佐々木名取市長をはじめとする約2,500名(来賓・一般見学者を含む)

第1部 洪水対応訓練,情報収集訓練

河川のパトロール,被災箇所への水防工法の実施などの訓練を行いました。

河川パトロールカーによる巡視 改良積み土のう工

東北水防技術競技大会

東北六県それぞれの代表市町が参加し,水防に関する技術を競う大会が水防演習に併せて開催されました。
本宮市水防団(福島県代表)が最優秀賞を,鮭川村水防団(山形県代表)が優秀賞を受賞しました。

宮城県代表東松島市水防団 表彰状を授与される本宮市水防団

第2部 国・県・市町・関係機関の連携訓練

電話による各種連絡・現地対策本部に集まった職員による情報共有などの訓練を行いました。
また,消防や警察,日赤などによる救助・救護訓練などを行いました。 

災害派遣要請訓練をする村井知事 名取市消防本部による救助訓練

関連リンク