ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

有害大気汚染物質調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

有害大気物質汚染対策

 県では,有害大気汚染物質については,平成21年度に大河原合同庁舎,名取自動車排出ガス測定局,塩釜一般環境大気測定局の3地点で19物質のモニタリングを行いました。その結果,環境基準が定められている4物質は,全地点で環境基準を達成していました。

有害大気汚染物質測定結果の一覧
地域分類達成状況ベンゼントリクロロ
エチレン
テトラクロロ
エチレン
ジクロロメタン
一般環境
(大河原合同庁舎)
達成地点
/
測定地点
 

1
/
1

1
/
1

1
/
1
道路沿道
(名取自動車排出ガス測定局)
達成地点
/
測定地点

1
/
1

1
/
1

1
/
1

1
/
1
固定発生源周辺
(塩釜一般環境大気測定局)
達成地点
/
測定地点

1
/
1

1
/
1

1
/
1

1
/
1
達成地点
/
測定地点

3
/
3

3
/
3

3
/
3

3
/
3

モニタリング結果

アスベスト

 県では,大気環境中のアスベスト大気濃度について調査を実施しており,平成21年度に,内陸山間地域,商工業地域及び農業地域で環境大気中のアスベスト濃度を測定しました。
 その結果,全ての地域で特に高い濃度は見られず,大気汚染防止法に定められた「特定粉じん(アスベスト)発生施設」を設置している事業場の敷地境界における基準(10本/L)と比較してみると低い値でした。

アスベスト大気濃度測定結果
地域分類市町村測定結果(繊維数/L)
最小値最大値幾何平均値
内陸山間地域加美町<0.006<0.006<0.006
商工業地域岩沼市<0.006<0.006<0.006
大和町<0.0060.340.09
農業地域東松島市<0.0060.680.15
栗原市<0.006<0.006<0.006

モニタリング結果


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)