ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす環境政策課気候変動適応策ワークショップを開催します(開催方法に一部変更があります)

気候変動適応策ワークショップを開催します(開催方法に一部変更があります)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月12日更新

本ワークショップはエコチャレンジみやぎのエコアクションになります

※このイベントは環境配慮行動アプリ「ecoチャレンジみやぎ」(アプリ紹介サイトへジャンプします)のエコアクション対象イベントです。

※多賀城市開催分をオンライン開催に変更しました。

 大雨や猛暑など,地球温暖化による気候変動の現状と,その影響による被害を回避又は軽減する対応(適応策)について考えるサイエンスカフェを開催します。

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を抑えても,大雨の増加や気温上昇といった影響は少なからず生じてくることから,気候変動に適応することも必要とされています。気候変動の影響と将来予測及びその適応策などにご興味のある方はぜひお越しください。

 

(1)ワークショップチラシ(オンライン開催) [PDFファイル/533KB]

(2)ワークショップチラシ(川崎町) [PDFファイル/546KB]

日時

(1)令和3年1月15日(金曜日) 午後2時から午後4時まで

(2)令和3年1月22日(金曜日) 午後2時から午後4時まで

開催形式・場所

(1)オンライン開催(Zoomによる配信)

(2)現地開催:川崎町公民館(柴田郡川崎町大字前川字裏丁175-2)

内容

気候変動に関する講話

質疑応答・意見交換

講師

(1) 国立環境研究所気候変動適応センター 研究調整主幹 阿久津 正浩氏

(2) 国立環境研究所気候変動適応センター 研究員 藤田 知弘氏

参加費

無料

参加方法

事前申込みが必要です。下記申込み先にファクシミリ又は電子メールで申込み願います。

本文には氏名(ふりがな)、所属(任意)、参加日時、電話番号、電子メールアドレス又はファクシミリ番号を記入願います。

(1)オンライン開催に申し込まれた方には後日、参加用のURLを送付します。

新型コロナウイルス感染症対策について

○会場では、消毒や換気を行うほか、ソーシャルディスタンスが確保された座席を用意します。

○参加の際には、手指消毒やマスクの着用、咳エチケットなどにご協力をお願いします。

○発熱や息苦しさなどの症状がある方、2週間以内に海外(感染流行国)または国内の感染流行地域(クラスター等)へ旅行・出張された方は参加をご遠慮ください。

○感染状況の拡大に伴い、中止になる場合があります。

運営・問い合わせ・申込み先

公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク

TEL:022-276-5118

FAX:022-219-5713

Email:melon@miyagi.jpn.org


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)