ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす循環型社会推進課浄化槽管理士研修(浄化槽の保守点検の業務に関する研修)について

浄化槽管理士研修(浄化槽の保守点検の業務に関する研修)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月24日更新

 浄化槽の保守点検業者の登録に関する条例及び浄化槽の保守点検業者の登録に関する条例施行規則の改正により、令和2年4月1日以降、浄化槽の保守点検業者は、登録の有効期間内に1回以上、浄化槽管理士に浄化槽の保守点検の業務に関する研修を受けさせなければなりません

 令和5年4月1日以降の更新登録申請には研修の受講を証明する書類の添付が必要となります。

令和3年度浄化槽管理士研修会

 令和3年度の研修事務の実施機関を以下のとおり指定しました。

研修事務実施機関の指定
名称及び住所

公益社団法人宮城県生活環境事業協会

仙台市宮城野区日の出町二丁目5-15

研修事務の範囲浄化槽の保守点検業者の登録に関する条例施行規則第12条第1項各号に掲げる事項に係るもの
指定年月日令和3年4月9日

  

研修会の開催について

 令和3年度の研修会の日程が決定しました。詳細は次のとおりです。

浄化槽管理士研修
 

第1回

第2回

開催日

令和4年3月2日(水曜)令和4年3月3日(木曜)

時 間

午後1時から5時まで午後1時から5時まで

会 場

ホテルクレセント

(仙台市太白区秋保町湯元行沢1-2)

ホテルクレセント

(仙台市太白区秋保町湯元行沢1-2)

                            ※各日程とも、定員は52名です。

 なお,令和4年度の研修は仙台市のほか,石巻市及び大崎市でも開催予定です。 受講を予定している方は近隣の会場での受講をお願いします。

研修申し込みについて

 研修の申し込みに関しては,公益財団法人宮城県生活環境事業協会へお問合せください。

(外部リンク)公益社団法人宮城県生活環境事業協会  

よくある質問

Q1 浄化槽管理士が複数いる場合,1名が受講すればよいですか。
A1 所属する浄化槽管理士全員が受講しなければなりません。

Q2 一度受講すればよいのですか。
A2 最初の1回だけでなく、更新登録(3年)毎の受講が必要です。

Q3 浄化槽管理士を変更、増員した場合はどうしたらよいですか。
A3 次回(※)の更新申請までに、研修を受講してください。変更届出の時点では、研修受講証は必要ありません。
    ※令和5年4月1日以降

Q4 初回の研修は、いつ受講すればよいですか。
A4 チラシ記載内容を参考に研修を受講してください。 チラシ [PDFファイル/1.32MB]

Q5 他県の研修を受けたのですが、宮城県でも受講しなければなりませんか。
A5 研修内容が、浄化槽の保守点検業者の登録に関する条例施行規則第12条第1項に定める事項を満たしている場合には、研修を受講したものとみなします。個別に確認が必要となりますので、ご相談ください。

関係法令等

・浄化槽の保守点検業者の登録に関する条例 廃棄物関係例規集のページからご確認ください。

・浄化槽の保守点検業者の登録に関する条例施行規則 廃棄物関係例規集のページからご確認ください。

浄化槽の保守点検の業務に関する研修事務指定要領 [PDFファイル/155KB]


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)