ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす循環型社会推進課高濃度PCB廃棄物の処理は処理期限までに確実に行ってください。

高濃度PCB廃棄物の処理は処理期限までに確実に行ってください。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

1 背景

  ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、絶縁性、不燃性等の特性により、変圧器、コンデンサーなどに使用されましたが、昭和43年のカネミ油症事件を受け、我が国では、昭和47年以降製造が中止されました。その後、平成13年にPCB特別措置法が成立し、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)の処理施設で高濃度PCB廃棄物の処理が行われています。 

2 処理期限内の処理

 高濃度PCB廃棄物は、JESCOの処理施設ごとにPCB特別措置法により、エリアごとに処理期限が決まっていて、期限内にJESCOに処分委託しなければなりません。JESCO北九州事業エリアの処理期限まで残りわずか150日になりました。期限を過ぎると、措置命令や罰則の対象になります。

 なお、「宮城県内」の高濃度PCB廃棄物は、JESCO北海道事業エリアで処分することが定められています。

 JESCO北海道事業エリアの処理期限

    変圧器・コンデンサー  平成34年3月31日

    安定器及び汚染物等  平成35年3月31日

    

3 問い合わせ先

  宮城県環境生活部循環型社会推進課廃棄物指導班

      TEL  :  022-211-2463  E-mail  : junkanh@pref.miyagi.lg.jp