ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

貨物船のサルベージ作業

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年5月9日更新

サルベージ作業

東日本大震災の津波で石巻港中島埠頭に打ち上げられた貨物船が大型クレーン船により吊り上げられ海上に戻されました。

この船は,総トン数391トン,全長70mの貨物船で,貨物の積み込みのため震災当日入港していました。
津波により船全体が中島埠頭の背後に打ち上げられましたが,4000トン吊りの大型クレーン船(起重機船)で慎重に吊り上げられ,大手埠頭の海上に戻されました。

クレーン船によるサルベージ作業の様子(1)クレーン船によるサルベージ作業の様子(2)