ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす子育て・教育学校教育小中学校東日本大震災から5年の歳月を経て和船「第2勝丸」が帰還しました!!

東日本大震災から5年の歳月を経て和船「第2勝丸」が帰還しました!!

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月11日更新

和船「第2勝丸」の帰還

前方からの宮城丸を写した写真です

一列に並んだ宮城県水産高等学校と気仙沼向洋高等学校の実習生宮城丸から降ろされる第2勝丸の写真です

宮城県水産高等学校と気仙沼向洋高等学校の実習生を乗せた、宮城県海洋総合実習船「宮城丸」(650トン)と和船「第2勝丸」(0.5トン)が平成28年3月11日にたくさんの保護者らに迎えられ帰還しました。

「第2勝丸」は東日本大震災で被災して石巻市雄勝から漂流し,平成27年4月に米・ハワイ・オアフ島に漂着しているところを発見されました。宮城県海洋総合実習船「宮城丸」は,今回の海洋実習で米・ハワイ・オアフ島に寄港した際,「第2勝丸」の搬入を行いました。そして、平成28年3月11日、東日本大震災から5年の歳月を経て石巻港(大手埠頭)に帰ってきました。第2勝丸保存会の関係者や実習生らが見守る中、船体をクレーンでつり上げ、下船させました。

「第2勝丸」は、保存会により石巻市雄勝町波板地区の海の見える、屋根がついた施設に展示され、震災の教訓として後世に伝えていくこととされています。

クレーンで船から降ろされる第2勝丸

降ろされた第2勝丸トラックに載せられる第2勝丸