ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業雇用・労働職業能力開発石巻北高飯野川校の体験実習が行われました

石巻北高飯野川校の体験実習が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月4日更新

平成27年7月29日から8月19日のうちの5日間、石巻北高等学校飯野川校の1年生から3年生の生徒さん8名が体験学習のため来校し、各科の実習を体験しました。

木工科です。

今回製作する踏み台です。

組立と塗装を行い2日間で完成させました。

木工作品完成品の写真

材料(松)に、組立に必要な釘を打つ位置を決めています。

木工作業風景1

座面を釘止めしています。釘を真っ直ぐ打つのにもちょっとしたコツがあります。

木工作業風景2

組み上がったものに塗装しています。

環境にも人にもやさしい自然素材を主な原料とした塗料を使っています。

木工科作業風景3

自動車整備科です。

体験実習の予定と自動車整備科の概要の説明を受けています。

今回は、単体エンジンの分解組立と自動車の日常点検を体験しました。

自動車整備科作業風景授業内容説明中の写真

今回分解組立するエンジン(1NZ-FE)です。

自動車整備科教材エンジンの写真

自動車整備科2年生から分解手順の説明を受けています。

自動車整備科エンジン分解手順についての作業風景1

インテークマニホールド(エンジンに空気を取り入れるための管)を取り外しています。

自動車整備科インテークマニホールド取り外し中の作業風景

シリンダヘッドを分解しています。

自動車整備科作業風景シリンダヘッドを分解中の写真

日常点検でエンジンルーム内の説明を受けています。

自動車整備科作業風景エンジンルーム内説明の写真

金属加工科です。

体験実習の予定と金属加工科の概要の説明を受けています。

今回は、鉄の棒を叩いて曲げ、真っ直ぐに戻す実習を体験しました。

金属加工科体験訓練講話中の写真

まずは、丸棒(直径9ミリ)に1メートル間隔で印をつけます。

金属加工科体験訓練丸棒作業中の写真1

次に切断します。

金属加工科体験訓練丸棒切断中の写真

1人1本ずつ丸棒をもち、好きなように曲げます。

金属加工科体験訓練丸棒を曲げている写真

このように曲がりました。

金属加工科体験訓練曲がった丸棒の写真

曲げた丸棒を叩いて真っ直ぐにします。

金属加工科体験訓練丸棒を真っ直ぐにしている写真1

何度も確認しながら叩きます。

金属加工科体験訓練丸棒を真っ直ぐにしている写真2

真っ直ぐになったかどうかは、このような四角い筒に棒を通して確認します。

金属加工科体験実習丸棒が真っ直ぐか確認中の写真1

棒が貫通すれば合格です。

金属加工科体験実習丸棒が真っ直ぐか確認中の写真2

プログラムの授業です。

本校には全科共用で使用しているパソコン室があり、この教室で、プログラムの基礎について学びました。

プログラム体験講義中の写真プログラム体験プログラム実習中の写真

マイクロコンピュータとはなにか?。プログラミングとその実行を体験しました。