ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ホットニュース2016

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月17日更新

ホットニュース2016

石巻高等技術専門校での授業風景や出来事を掲載します。

校内ホットニュース
行事・出来事自動車整備科1年自動車整備科2年金属加工科木工科短期課程

4/28 交通安全講話

7/17 サイエンスデイ

8/8 夏季休業

8/8 ものづくりフェスタ

11/14 県政広報展示室

1/11 訓練生募集

1/17 受講生募集

1/27 技能ふれあい祭りの案内

2/24 燃料電池自動車

3/15 技能ふれあい祭り(2/25)

3/15 修了式(3/10)

 

4/19 手仕上げ工作

5/13 測定実習

6/6 実習車移動

7/12 大型トラック来校

10/12 タイミングチェーンの脱着作業

10/18 マニュアルトランスミッションの分解組立

12/21 ブレーキ分解組立

 

 

4/19 エンジンO/H準備1

4/21 トラックのタイヤ交換

4/22 エンジンO/H準備2

5/2 エンジンO/H

10/18 ドア部品の分解

12/21 故障探求

 

4/20 板金作業/アーク溶接始動

5/2 ガス溶接

6/6 機器操作方法

10/6 溶接技術競技会に向けて

10/24 溶接技術競技会に向けて part2

11/28 機械加工_旋盤作業

11/30 TIG溶接

4/19 器工具使用方法1

5/2 器工具使用方法2

6/6 鉋仕込み調整

8/19 工具箱製作

9/30 コンピュータ操作

10/6 引き出し製作

10/19 製作作品紹介

4/26 短期課程入学式

8/23 配管科願書受付中

9/29 配管科(後期)入学式

10/19 配管科実習

11/17 アーク溶接等特別教育

3月

3月15日(水曜日)

「修了式」が行われました。

修了式

去る3月10日(金曜日)校内の技能訓練センターで修了式が行われました。

ご来賓の方や保護者の見守る中、自動車整備科14名、金属加工科8名

木工科3名、配管科2名の計27名の訓練生が2年、1年、6か月の訓練を

修了しました。

そして、校長より一人一人に修了証書が手渡されました。

修了証書授与

 

 

「技能ふれあい祭り」が実施されました。

技能ふれあい祭り

去る2月25日(土曜日)に「技能ふれあい祭り」が実施されました。

天候にも恵まれ、訓練体験や製作物の展示販売などの催しに

多くの方々が来場頂きました。

大変ありがとうございました。

販売品抽選の様子

訓練生製作作品の展示販売の様子

 

金属加工科 バーベキューコンロ

金属加工科訓練生製作品

 

木工科 体験の様子

大盛況の木工科訓練体験の様子

 

自動車整備科 整備の様子

自動車整備科マイカー点検の様子

 

2月

「技能ふれあい祭り」のお知らせです。

燃料電池自動車

2月24日(金曜日)

明日25日(土曜日)は当校で「技能ふれあい祭り」が開催されます。

自動車整備科金属加工科木工科では明日の開催に向けて準備作業中です。

展示用の燃料電池自動車も到着しました。

皆様のご来場をお待ちします。

燃料電池自動車フロント燃料電池自動車リア

トヨタ自動車の「MIRAI」と本田技研工業の「CLARITY FUEL CELL」を展示します。

 

1月

「技能ふれあい祭り」のお知らせです。

技能ふれあい祭り]

1月27日(金曜日)

来る2月25日(土曜日)に「技能ふれあい祭り」が行われます。

時間は9時30分から13時までです。

本校の学生の1年間又は2年間の訓練成果を、作品の展示・実演を通して、ご覧下さい。

技能ふれあい祭りタイトル

詳しくは「平成28年度技能ふれあい祭りの案内」をご覧下さい。

 

 

受講生を募集中です。

IT応用科]

1月17日(火曜日)

JMTC石巻教室を訓練場所として行われる離職者等再就職訓練「IT応用科」の受講生を募集しています。

応募条件はハローワークの受講指示、受講推薦又は支援指示を受けることができる求職中の方です。

募集期間は平成29年2月6日(月曜日)までです。

IT応用科ではパソコン操作の出来る方を対象に、ビジネスの現場に必要な文書作成・表計算の活用方法

及びメール・インターネット利用方法等の基本的な知識と技能を習得します。

また、Excelにおいては高度な機能の活用法やマクロ、VBAまでを習得します。

訓練期間は平成29年2月17日(金曜日)~平成29年5月16日(火曜日)まで

お近くのハローワークの職業相談窓口で相談のうえ、お申し込み下さい。

石巻高等技術専門校では2月8日(水曜日)に選考試験を行います。

IT応用科パンフレット

詳しくは「IT応用科」の募集案内をご覧下さい。

 

 

訓練生を募集します。

二次募集

1月10日(火曜日)

金属加工科、木工科は訓練生を募集しています。

入学願書の受付期間は1月11日(水曜日)~2月1日(水曜日)です。

訓練期間は平成29年4月11日(火曜日)~平成30年3月9日(金曜日)までの1年間です。

受験を検討されている方は学校見学をお勧めします。(石巻校まで事前にご連絡願います。)

訓練生募集パネル

 

12月

実習の様子をお知らせします。

ブレーキ分解組立

12月21日(水曜日)

自動車整備科1年はブレーキの分解組立の実習をおこなっています。

ブレーキは自動車が「止まる」ための重要な装置です。

減速や停まっている車が動かないようにする働きもあります。

点検整備についてしっかりと習得します。

[前輪の作業の様子]

ブレーキ分解組立(全体)ブレーキ外観

 

[後輪の作業の様子]

ブレーキ分解組立作業

 

故障探求

自動車整備科2年は故障探求の実習で外部診断機を使用しています。

春先のエンジンオーバーホールの際、基本データ収集にも使用したので

この時期にはしっかり使いこなせています。

外部診断機を使用した故障探求の実習

 

11月

実習の様子をお知らせします。

TIG溶接]

11月30日(水曜日)

金属加工科はTIG溶接の実習をおこなっています。

TIG溶接作業説明TIG溶接手本 

            指導員が事前に説明した後、学生に手本を見せます。

 

TIG溶接はタングステン-不活性ガス溶接の略称です。

ステンレスやアルミニウムなど非鉄金属の溶接に用いられ、母材の溶融金属部分を大気から遮断して

保護することを目的にアルゴン、ヘリウムなどの不活性ガスを吹き付けて溶接します。

 

[機械加工_旋盤作業]

11月28日(月曜日)

金属加工科は機械・板金・溶接の技術、技能を習得するよう訓練をおこなっています。

機械加工では旋盤を使い、工作機械の基本操作方法や部品加工をおこないました。

全判作業全体風景旋盤作業個別風景 

  学生一人に一台ずつ旋盤が割り当てられていますので、納得がいくまで作業をおこなえます。

 

アーク溶接等特別教育

11月17日(木曜日)

配管科では11月14日から17日まで、アーク溶接等の業務に係る特別教育講習がおこなわれました。

アーク溶接(電気溶接)機を用いて行う金属の溶接等は、幅広い業種においておこなわれて

いますが、機器の点検・整備不良や溶接操作の誤り等により、感電・爆発・火災等の重大

な災害も依然として発生しています。

 このような災害を防止するために、安全衛生特別教育が行われ、労働安全衛生法でもこれを

受講しなければならないと決められています。

 学科と実技講習をおこないました。

 

配管科アーク溶接実習風景

実技講習では、機器の点検および調整方法などを学び、被覆アーク溶接作業をおこないました。

配管科アーク溶接指導の様子

 

 

 

 

 

 

 

実技講習では、講師が受講生に手本を見せて指導します。

 

県政広報展示室に展示しています。

ものづくりを支える未来のスペシャリスト展

11月14日(月曜日)

11月7日(月曜日)より12月2日(金曜日)まで県庁18階の県政広報展示室にて

ものづくりを支える未来のスペシャリスト展がおこなわれています。

石巻高等技術専門校の自動車整備科、金属加工科、木工科ではそれぞれ訓練内容が

わかるように工夫した展示をしています。

お近くへお越しの際はお立ち寄りご覧下さい。

※県政広報展示室について

  1. 開館時間:午前9時30分から午後4時まで
  2. 休館日:土日,祝休日,年末年始
  3. 入場料:無料

 

県政広報室入り口

県庁18階にある県政広報室の入り口です。宮城県のことをいろいろ知ることができます。

自動車整備科工具展示

自動車整備科で使用する工具の使い方がわかる状態になっています。

金属加工科作品

金属を切削したダンベル、板金加工したブックエンドや溶接技術を活用した製品を展示しています。

木工科作品

木工の楽しさが伝わる製品を展示しています。

 

 

10月

各科の実習の様子をお知らせします。

溶接技術競技会に向けて part2]

10月21日(金曜日)

30日(日曜日)に迫った溶接技術競技大会に出場する金属加工科の学生全員が

納得できる出来映えを目指して、訓練に励んでいます。

普段の実習とは異なる緊張感を感じます。

競技会練習1競技会練習2

競技会練習3競技会練習4

 

製作作品紹介]

10月19日(水曜日)

木工科で製作した作品「カービングスツール」です。

手加工だけで製作する課題です。

カービングスツール1カービングスツール2

 

 

 

木工科には製品にできるだけホコリを付けずに塗装し、その場で乾燥させるための塗装室があります。

そこには、塗装作業者の作業環境を守るために塗装ブースも設置されています。

塗装室全景塗装ブース

 

配管科実習]

10月19日(水曜日)

入学してから約3週間が経った配管科では、パイプねじ切機や切断機などの機械工具を

使った実習も始まりました。

鋼管を立体図に従って接合、組み立てする実習もまもなくおこないます。

配管実習

バンドソー作業

パイプの切断作業

パイプねじ切り機

パイプのねじ切り作業

 

ドア部品の分解]

10月18日(火曜日)

自動車整備科2年生はドア付近の部品の取り外しをおこないました。

内装を外した後、パワーウィンド装置やドアロック装置の部品を取り外します。

装置の機構や電気配線の接続を確認しながら作業をおこないます。

勿論、元通りにして実習終了です。

ドア内側作業2ドア内側作業

この後の実習では、ダッシュボードの取り外しもおこないます。

 

マニュアルトランスミッションの分解組立]

10月18日(火曜日)

自動車整備科1年生はマニュアルトランスミッションの分解組立をおこないました。

歯車の組み合わせで変わる動力伝達経路を確認しました。

マニュアルトランスミッション1マニュアルトランスミッション2

実物で動作させると仕組みが、よく理解できます。

 

タイミングチェーンの脱着作業]

10月12日(水曜日)

自動車整備科1年生はエンジン本体の実習をおこなっています。

エンジン分解組立1エンジン分解組立2

きょうは、タイミングチェーンの脱着作業をおこないました。(作業は一人ずつおこないました。)

タイミングチェーンはクランクシャフトの回転をカムシャフトに伝え、カムシャフトを回転させて

バルブを開閉するバルブ開閉機構で重要な働きをします。

タイミングチェーンの脱着作業(全体)タイミングチェーンの脱着作業(個別)

グループでの実習ではわかったつもりでも、個別の作業では、手順や構造などに十分な理解が必要になります。

 

引き出し製作

10月6日(木曜日)

木工科では引き出し製作の課題をおこなっています。

家具作りには欠かせない大切な部分です。

この課題をクリアすると訓練後半の自由課題製作に着実に近づきます。

木工科家具引き出し部分

スムーズに動くかどうか、大切なポイントです。

家具の構造確認

指導員と相談しながら理解を深めていきます。

 

溶接技術大会に向けて

10月6日(木曜日)

金属加工科では10月30日(日曜日)の溶接技術競技大会に向け、それぞれが出場する種目ごとに

溶接技術向上の訓練に取り組んでいます。

本番でいつもの力が出せるように繰り返し練習しています。

立向溶接材料立向溶接

 

立向溶接の様子です。溶接軸がほぼ鉛直な継手に対して、上又は下から鉛直にビードを置きます。

 

9月

各科の実習の様子をお知らせします。

コンピュータ操作

9月30日(金曜日)

木工科では自由課題製作に向けてインターネットを利用して家具についての情報収集をおこないました。

得た情報をもとに自分自身の課題を決めていきます。

コンピュータ室

 

設計実習ではCADによる図面の作成もおこないます。

 

「配管科」の入学式がおこなわれました。

配管科(後期)入学式

9月29日(木曜日)

配管科(後期)は2名が入学しました。入学式後、オリテンテーションをおこない

明日からの訓練の準備が整いました。

来年の3月10日(金曜日)の修了式まで、専門知識と技能を習得します。

入学式の様子

8月

訓練生を募集しています。

配管科願書受付中

8月22日(月曜日)

配管科は後期課程訓練生の願書を受付中です。(9月8日(木曜日)まで)

訓練期間は平成28年9月29日(木曜日)~平成29年3月10日(金曜日)までです。

対象者は就職に必要な配管の技能を習得したい方です。

詳しくは最寄りのハローワーク相談窓口へ問い合わせください。

配管科実習風景2配管科実習風景1

訓練生を募集しています。

 

配管科願書受付中

8月22日(月曜日)

配管科は後期課程訓練生の願書を受付中です。(9月8日(木曜日)まで)

訓練期間は平成28年9月29日(木曜日)~平成29年3月10日(金曜日)までです。

対象者は就職に必要な配管の技能を習得したい方です。

詳しくは最寄りのハローワーク相談窓口へ問い合わせください。

 

実技訓練を主体として、施工図に基づき基礎的な配管施工ができる技能と知識を習得します。

 

実習の様子をお知らせします。

工具箱製作

8月19日(金曜日)

木工科は、工具箱を製作する課題に取り組んでいます。

これからの実習で使用する各自の工具が収容できます。

自分が作った工具箱を使うことで作業性もアップすることでしょう。

この後、木目が綺麗に見えるよう仕上げます。

工具箱1

小さな工具も収納できる構造です。

工具箱2

材料はタモ(モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹)です。

工具箱3

木目には味わいがあります。

加工機械

2学期からの実習には機械加工も加わります。

 

校内の様子をお知らせします。

夏季休業

8月8日(月曜日)

自動車整備科、金属加工科、木工科は8月1日(月曜日)から17日(水曜日)まで夏季休業です。

短期課程の溶接科、配管科は8月10日(水曜日)まで訓練を行っています。

教室風景

学生の声が聞こえず、静かな校内です。

実習場風景

実習場も静まりかえっています。

 

イベントに出展しました。

ものづくりフェスタ

8月8日(月曜日)

夢メッセで開催された「ものづくりフェスタinみやぎ2016」に石巻校から作品を展示しました。

金属加工科で訓練する溶接技能、板金技能を活かした作品や木工科で製作した木工玩具を展示しました。

出展ブースの様子

エンジン組み立て体験コーナーもありました。

出展作品1

細かい部分に「技」が活かされています。

7月

各科の様子をお知らせします。

サイエンスデイ出展

7月17日(日曜日)

石巻校は東北大学川内北キャンパスで行われたサイエンスデイに出展しました。

自動車整備科は仙台校・気仙沼校と協同して「ガソリンエンジンの組み立て体験コーナー」を

金属加工科は講座型の「ステンレス製「貯金箱付きペン立て」を工具なしで作ってみよう!」を出展しました。

木工科も「みやぎの未来を担うで賞」の副賞としてサイエンスアワードの表彰状用の木製額縁(A4サイズ)を提供しました。

エンジン組み立て2エンジン組み立て1

サイエンスデイ ペン立て製作様子サイエンスデイ ペン立て

いずれも好評でしたが、時間や人数の関係でお断りした方々には大変申し訳ありませんでした。

サイエンスデイについて

 

大型トラック来校

7月12日(火曜日)

三菱ふそうトラック・バス株式会社の北日本担当者の方が来校しました。

新型の大型トラックも来校して、自動車整備科の学生は目を輝かせて見学しました。

大型トラック全体大型トラック側面

大型トラック前面キャピン移動

大型トラック見学大型トラックエンジン

ピカピカのエンジン本体が美しいです。

6月

各科の実習の様子をお知らせします。

実習車移動

6月6日(月曜日)

自動車整備科1年生が実習場にこれからの訓練で使用する実習車を移動しました。

いよいよ自動車を使用した整備作業が始まります。

自動車リア自動車フロント

自動車洗車自動車運転2

実習車はていねいに洗車した後、学生達の運転で実習場に移動しました。

機器操作方法

6月6日(月曜日)

金属加工科では直立ボール盤(穴開け加工する機械)や帯鋸盤(金属を切断する機械)の操作方法を習得しています。

安全に作業ができるよう危険予知(KY)に重点を置いて説明しています。

[直立ボール盤]

ボール盤の説明ボール盤

[帯鋸盤]

帯鋸盤3帯鋸盤

作業目的に応じて使用する機器の操作方法を習得します。

 

かんな仕込み調整

6月6日(月曜日)

木工科では、鉋(かんな)の仕込み調整を行っています。

鉋台は温度や湿度の変化により、微妙な狂いが生じます。

鉋刃を 上手に研いでも、その切れ味を発揮させるためには、精密な台調整が必要です。

鉋仕込み調整刃研磨

思ったとおりに調整できるよう試行錯誤を繰り返します。

5月

各科の実習の様子をお知らせします。

測定実習

5月13日(月曜日)

自動車整備科1年生が、測定実習をおこなっています。

自動車のピストンやクランクシャフトの箇所をノギスやマイクロメータを使って測定しています。

摩耗の箇所や度合いにより不具合の原因を突き詰めることができます。

測定実習1測定実習2

 

各科の実習の様子をお知らせします。

[ガス溶接]

5月2日(月曜日)

金属加工科では、ガス溶接の実習をする前に安全作業についての説明をおこないました。

手順をしっかり確認してから実習となります。

ガス溶接説明風景1ガス溶接説明風景2

器工具使用方法2

5月2日(月曜日)

木工科ではいろいろな器工具の使用方法を学びます。

きょうは鋸(のこぎり)を使っています。

木の加工する向きによって違う種類の鋸を使います。

木工科のこぎり木工科のこぎりアップ

エンジンO/H

5月2日(月曜日)

自動車整備科2年生は、エンジンのオーバーホールをおこないました。

この後は、ボディーに搭載して走行できる状態まで戻します。

以前より良好な状態になります。

エンジンO/H作業エンジン単体

「交通安全講話」がおこなわれました。

交通安全講話

4月

4月28日(木曜日)

本校の技能訓練センターで全学生対象の交通安全講話が行われました。

講師には、石巻警察署の交通指導係長にお越しいただき、法令遵守の大切さや交通事故が及ぼす重大さ

を講話いただきました。

学生の交通安全に対する意識の高揚や登下校中の交通事故防止が図られることを期待します。

交通講話1

 

「溶接科」・「配管科」の入学式がおこなわれました。

短期課程入学式

4月26日(火曜日)

溶接科及び配管科の入学式がおこなわれました。

溶接科・配管科併せて4名の入学生は入学式後、オリテンテーションをおこない

明日からの訓練の準備が整いました。

9月29日(木曜日)まで、それぞれ専門の知識と技能を習得します。

短期課程入学式校長挨拶

各科の実習の様子をお知らせします。

 

エンジンO/H準備2]

4月22日(金曜日)

自動車整備科2年生は、エンジンのオーバーホールをおこなうため、エンジンをボディから降ろしました。重量物なので安全には十分注意して作業します。

エンジンとボディボディ

トラックのタイヤ交換

4月21日(木曜日)

自動車整備科2年生が、トラックのタイヤ交換をおこないました。乗用車に比べてタイヤも大きく、後軸のホイールが並列に2本並んでいるダブルタイヤ構成のため作業方法をよく考えておこないました。ダブルタイヤ構成はタイヤ1輪当たりの荷重をで分散することによって、耐荷重性能を確保することができます。

タイヤ交換ダブルタイヤ

 

タイヤ交換タイヤ

 

各科の実習の様子をお知らせします。

手仕上げ工作

4月19日(火曜日)

自動車整備科1年生は手仕上げ工作をおこなっています。 1枚のフラット・バー(鉄板)を材料にして、切断作業、やすりがけ作業をおこなっています。この後、穴開け作業およびねじ立て作業を行います。これから役に立つ基本的な作業です。

自動車整備科1年生手仕上げ工作1自動車整備科1年生手仕上げ工作2

エンジンO/H準備1

4月19日(火曜日)

自動車整備科2年生は,エンジンのオーバーホールをおこなうため,エンジンをボディから降ろす準備作業をおこなっています。

自動車整備科2年生O/H準備2自動車整備科2年生O/H準備1

 

板金作業/アーク溶接始動

4月20日(水曜日)

金属加工科は、板金作業として厚さ0.5mmの亜鉛板で分解皿を作りました。さらにアーク溶接の実習もおこない、初めてアーク(気体放電現象)を発生させました。

金属加工科板金作業1金属加工科アーク溶接

器工具使用方法1

4月19日(火曜日)

木工科ではいろいろな器工具の使用方法を学びます。ここでは鉋(かんな)を使って材料を加工しています。

木工科器工具使用法かんな

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)