ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす医療政策課在宅患者入院受入体制事業について

在宅患者入院受入体制事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月30日更新

在宅患者入院受入体制事業(宮城県病院協会)

 宮城県病院協会では,在宅患者や介護施設入居者の急変時に速やかに対応できる体制を確保するため,輪番による入院受入体制を構築しています。

 受入要請は,在宅療養支援病院,在宅療養支援診療所,関係医療機関及び介護施設等から輪番表の当番病院に直接要請してください。その際,必ず「在宅患者入院受入体制事業」であることを当番病院にお伝えください。

 詳しくは,宮城県病院協会「在宅患者入院受入体制事業」について [PDFファイル/129KB] を御覧ください。

 当番病院は  10月輪番表 [PDFファイル/216KB] 11月輪番表 [PDFファイル/212KB] を御覧ください。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)