ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす医療政策課宮城県地域医療再生計画・地域医療復興計画について

宮城県地域医療再生計画・地域医療復興計画について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月18日更新

宮城県地域医療再生計画

計画の趣旨

平成21年4月10日の「経済危機対策」(平成21年4月10日「経済危機対策」に関する政府・与党会議、経済対策閣僚会議合同会議)において,「都道府県が地域の医療課題の解決に向けて策定する「地域医療再生計画」に基づいて行う,医療圏単位での医療機能の強化,医師等の確保等の取組を支援」するとされました。国は,この支援策として,平成21年度第1次補正予算において,地域医療再生臨時特例交付金を確保し,都道府県に交付することになりました。

本県においては,医師の不足や医療資源の偏在等,地域医療を取り巻く環境が極めて厳しい状況にあります。こうした中,地域医療再生臨時特例交付金は,本県において早急な解決が求められている課題への対応を図るとともに,将来に向けて持続的・安定的な地域医療体制を構築するための基盤を築く絶好の機会であるため,平成20年4月に公示した宮城県地域医療計画の内容を踏まえながら,今後の地域医療の将来像や具体的な目標を明確にした上で,本基金を最大限有効に活用して効果的な事業を展開し,地域医療の再生を図っていくこととし,宮城県地域医療再生計画を策定しました。

宮城県の地域医療再生計画の対象地域は,深刻な医師不足の解消を図る登米医療圏を中心とした「県北地域」と,救急医療体制の完結を図る仙南医療圏を中心とした「県南地域」であり,また,全県を対象とするようなより高次な機能を有する医療機関の整備等については,「県全体を対象とした事業」に位置づけて計画に盛り込むことにより,計画対象地域における目標の達成を支援するものとしました。

計画の概要


第二期宮城県地域医療再生計画 宮城県地域医療復興計画

計画の趣旨

宮城県は平成23年度に「第二期宮城県地域医療再生計画(総額120億円)」と「宮城県地域医療復興計画(総額394億円)」を策定しました。

「第二期宮城県地域医療再生計画」は,国の「平成23年度(平成22年度からの繰越分)地域医療再生臨時特例交付金」を活用し,東日本大震災で被災した医療機関(病院,医科診療所,歯科診療所,薬局)の再開・復旧支援するほか,高度・専門医療機関や救命救急センターの整備・拡充,これらと連携する地域の医療機関の機能強化・連携体制の構築,医師・看護師等の招聘や育成による医療従事者の不足・偏在の解消など,急性期から亜急性期,回復期,維持期そして在宅へと切れ目のない医療提供体制の構築に必要な事業を展開していきます。

また,「宮城県地域医療復興計画」は,国の「平成23年度地域医療再生臨時特例交付金」を活用し,東日本大震災の津波被害により全壊した医療機関等の移転整備や医療機関相互の情報連携の基盤整備,地域医療を担う医療従事者の確保・養成等を通じ,対象となる地域の被災状況等を考慮し,地域全体のまつづくり構想とも整合性を図りながら,医療提供体制の再構築に必要な事業を展開していきます。

計画の概要

計画期間

  • 第二期宮城県地域医療再生計画:平成23年度から平成25年度まで
  •  宮城県地域医療復興計画:平成23年度から平成27年度まで

策定時期

  • 第二期宮城県地域医療再生計画:平成24年2月
  • 宮城県地域医療復興計画:平成24年2月

関係資料ダウンロード


第二期宮城県地域医療復興計画

計画の趣旨

宮城県は平成24年度に「第二期宮城県地域医療復交計画(総額:135億円)」を策定しました。
この計画は国の「平成24年度地域医療再生臨時特例交付金(東日本大震災復興特別会計予備費分)」を活用し,平成24年2月に策定した「宮城県地域医療復興計画」に盛り込んだ各種事業を拡充することを中心に,被災した民間医療機関の再建等に対する追加支援や震災後の建設コスト高騰への対応,地域医療を担う医療従事者の確保・養成のための取組強化等を通じ,対象となる地域の被災状況等を考慮し,地域全体のまちづくり構想とも整合性も図りながら,医療提供体制の再構築に必要な事業を更に展開していきます。

計画の概要


第三期宮城県地域医療再生計画

計画の趣旨

宮城県は平成25年度に「第三期宮城県地域医療再生計画(総額15億円)」を策定しました。
この計画は国の「地域医療再生臨時特例交付金(平成24年度第1次補正予算分)」を活用し,これまでの宮城県地域医療再生計画,第二期宮城県地域医療再生計画,宮城県地域医療復興計画及び第二期宮城県地域医療復興計画において措置された事業以外の事業として,自家発電装置の上層階設置,地域医療学等の寄附講座の設置による医師確保対策,介護と連携した在宅医療推進体制を整備する在宅医療推進事業,在宅医療連携体制の先行事例を県全域に普及するための研修会の開催,そのほか震災をはじめとした計画策定時からの状況変化に対応した新たな取組など,医療提供体制の再構築に必要な事業を更に展開していきます。

計画の概要

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)