ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす健康・福祉健康・医療・保健病院・医療機関「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業」 申請方法について

「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業」 申請方法について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月1日更新

「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付事業」
申請方法等について

事業概要

新型コロナウイルス感染症への対策において,医療機関の医療従事者や職員は,自らも感染するリスクがある厳しい環境の下で,相当程度心身に負担がかかる中,強い使命感を持って,業務に従事しています。こうした新型コロナウイルス感染症の拡大防止・収束に向けてウイルスに立ち向かい,患者の治療にあたる医療機関の医療従事者や職員に対し,慰労金の給付を行うもの

給付対象・給付金額

次の(1)から(3)の施設において,「患者(助産所においては妊産婦)との接触を伴い」かつ「継続して提供することが必要な業務」を行い,かつ,令和2年2月21日(金曜日)から令和2年6月30日(火曜日)までの期間に,10日以上の勤務を行った医療従事者や職員が対象となります。 ※帰国者接触者外来指定医療機関に該当する場合は,帰国者・接触者外来を令和2年2月21日以前に設置した医療機関の場合は,設置した日を始期とします。
(具体的な対象者および給付金額については,下図をご参照ください。)

(1) 医療機関(病院,医科診療所および歯科診療所)
(2) 訪問看護ステーション
(3) 助産所

・新型コロナウイルス感染症に対する医療提供に関し,県から役割を設定された医療機関等に勤務し患者と接する
 医療従事者や職員に対し,慰労金として最大20万円を給付します。
・その他病院,診療所等に勤務し患者と接する医療従事者や職員にも,慰労金として5万円を給付します。

慰労金リーフレット(厚生労働省作成) [PDFファイル/1.35MB]
新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関するQ&A(第4版)について<慰労金部分抜粋>
その他のQ&A [PDFファイル/243KB]
 

給付額
        勤務先・条件(慰労金リーフレットをご覧下さい) 給付金額

県から役割を設定された医療機関等(*1)に勤務し患者と接する医療従事者や職員


※1 以下の(1)~(4)の医療機関等
(1)帰国者・接触者外来を設置する医療機関
(2)重点医療機関
(3)感染症指定医療機関
(4)その他の県が新型コロナウイルス感染症
 患者の入院受入れを割り当てた医療機関
 


実際に新型コロナウイルス感染症患者(※2)に診療等を行った医療機関等(※3)
 ※2 左欄(1)については、新型コロナウイル
  ス感染症の疑い例も含みます。
 ※3 実際に新型コロナウイルス感染症患者
  に初めて診療等を行った日以降に勤務し
  ていない方の給付金額は10万円となりま
  す。

 20万円

実際に新型コロナウイルス感染症患者(※2)に診療等を行っていない医療機関等

 

 10万円

上記(1)から(4)以外の病院、診療所、訪問看護ステーション、助産所に勤務し、患者と接する医療従事者や職員

 

   5万円

(補足)※厚生労働省通知・質疑応答より

  ・患者との接触を伴う業務は,医療機関等における業務の実情に照らして判断いただくものであって,資格や職種による限定はなく,
   事務職なども対象となります。
   例えば,病棟や外来などの診療部門で患者の診療に従事したり,受付,会計等窓口対応を行う職員は通常該当します。
   また,診療には直接携わらないものの,医療機関内の様々な部門で患者に何らかの応対を行う職員等は,   
   医療機関における勤務実態等に応じて該当するものと考えられます。
   一方,対象期間中はテレワークのみによる勤務や,医療を提供する施設とは区分された場所での勤務のみのように,
   患者と完全に接することのない環境で勤務していた場合は該当しません。

   なお,「給付対象者」において,「患者(助産所においては妊産婦)との接触を伴い」としている「患者」とは,
   新型コロナウイルス感染症患者に限らず,他の疾病による患者も含みます。「医療従事者や職員」には,
   医療機関等に直接雇用される職員のほか,派遣労働者,業務受託者の従事者を含みます。  

・派遣労働者の他,業務受託者の労働者として当該医療機関において働く従事者についても,
 同趣旨に合致する場合には給付対象に含まれます。
・一日当たりの勤務時間は問いませんが,年次有給休暇や育休等,実質勤務していない場合は,
 勤務日として算入しません。
・複数の事業所で勤務した場合は,それぞれの事業所での勤務日を合算して計算します。
・勤務する医療機関(病院および診療所)は保険医療機関に,訪問看護ステーションは指定訪問看護事業者に限られます。
 なお,院外薬局および柔道整復師等の施術所は給付対象外です。

・慰労金の給付は,介護施設や障害施設等に勤務する者への慰労金を含め,1人につき1回に限られます。

申請期間

令和2年7月22日から令和3年2月28日までの期間。

受付時期は,毎月15日から当月末日までが受付期間となります。

申請先

申請は,原則として,宮城県国民健康保険団体連合会(以下,「国保連」という。)に提出してください。本県の当該事業における受託事業者であり,申請の受付と,給付決定後の慰労金の支払処理を行います。

申請方法等

医療従事者や職員の慰労金については,原則として,医療機関等が,医療従事者や職員から委任を受けて
代理申請・受領を行っていただきます。

申請方法は,以下の4つの方法があります。
(1)国保連の「オンライン請求システム」(医療機関等が毎月の診療報酬請求事務で使用しているシステム)による申請 (原則)
(2)公益社団法人国民健康保険中央会の本事業専用の「WEB申請受付システム」による申請 (国保連合会の外部サイトへ移動)
(3)電子媒体(CD-R等)の郵送による申請
(4)紙面による申請

申請手続きの流れ
(1)慰労金の代理申請・受領の委任状の収集
  (1)患者に接する医療従事者や職員で,対象期間に10日以上勤務した者を特定した上で,慰労金の代理申請・受領の委任状を
   集めていただきます。
   委任状は医療機関等で保管します。
   ※委任状の様式につきましては,申請様式内のエクセルファイルに参考様式を掲載しておりますが,医療機関での
   独自様式をご利用いただいても構いません。
  (2)その際,派遣労働者,業務委託受託者の従事者についても,派遣会社・受託会社と相談して,対象となる業務に10日以上
   勤務している者の一覧を提出してもらうなどにより,慰労金の対象者を特定した上で,慰労金の代理申請・受領の
   委任状を集めていただきます。委任状は医療機関等で保管します。

 (2)申請書等の作成
   申請書類(申請書類には厚生労働省で作成したマクロが組み込まれています。)へ必要事項を入力のうえ,
   オンライン請求システム,WEB申請受付システム,電子媒体(CD-R等)等により申請を行ってください。
   また,入力等については,「医療機関等の申請マニュアル~医療機関用 [PDFファイル/3.17MB]」を参考願います。

   下記の書類の提出が必要となります。
  ・都道府県宛給付申請書(様式第6号)
  ・医療機関等情報(様式第1号)
   ・給付対象内訳(様式第2号)

  ・給付対象内訳委託派遣分(様式第5号別紙) ※委託事業者分の申請がある場合
  
  ・各種委任状様式(該当する様式または医療機関の独自様式でも可能)※提出不要
 

  ・申請書類一式(医療機関申請用) [その他のファイル/2.67MB] (容量が大きいため,ダウンロード時間がかかる場合があります。) 
   ※使用するパソコンの環境により、マクロが 組み込まれたファイルがダウンロードできない場合があります。 
     Excel2013 以上の環境での使用が推奨されています。
   ※申請様式は,デスクトップ等に保存後に入力作業をお願いします。ファイル出力する際にエラーが発生する場合があります。

   7/29更新 委任状の生年月日欄の幅が修正されました
   7/30更新 【重要】ファイル提出に際しての注意事項 [PDFファイル/504KB]  <厚生労働省サイト>
   7/31更新 ※上記ファイルをダウンロード後、ZIPファイルからエクセルファイルを取り出し、デスクトップ等に保存して作   
            業してください。

     ZIPファイル内で作業を行うと、マクロが機能せず、提出用ファイルの出力がうまくいかない場合があります。

   8/14更新 申請書類作成上の留意事項について  [PDFファイル/1.05MB]

  ・申請書類一式(紙申請の場合 ※記載方法付き) [Excelファイル/1.39MB]
   (列・幅が小さい場合は,印刷前に列・幅等を調整していただいて構いません。) 

  ※申請いただく場合,記載漏れ等がある場合や申請内容に不備がある場合は,給付が遅くなりますので,提出前に再度内容確認や提出書類の確認をお願いします。

  ※ダウンロード後,ファイル名は修正しないようにお願いいたします。

 (3)申請書書類の提出
   (1)必要事項を入力後,提出用ファイルを出力
   (2)-1 オンライン請求システムを利用する場合
    国保連のオンライン請求システムへログインし,(1)により出力したエクセルファイルをアップロード
   (2)-2 ウェブ申請受付システムを利用する場合
    国保連ホームページから「WEB申請受付システム」にアクセスし,利用者登録後,(1)により出力したエクセルファイル
    をアップロード
   (2)-3 電子媒体(CD-R等)の郵送
    (1)により出力したエクセルファイルを電子媒体へ格納し,国保連合会へ郵送
    
※必ず診療報酬請求のファイルとは別の電子媒体に格納し,本事業に係るファイルが格納されたものである旨を
     明記して郵送すること
   (2)-4 紙媒体の郵送
    (1)により記載した申請書等について,国保連合会へ郵送

郵送提出先住所:〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1丁目2番3号 宮城県国民健康保険団体連合会 宛て
             ※「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金事業 申請書在中」等と朱書きすること

(4)個人による申請(上記により,医療機関から申請を行うことができず,やむを得ず個人からの申請を行う場合)(※1)     
  (※1)退職者等で,該当医療機関等で把握が困難な場合等についても,可能な限り,上記5のとおり,該当医療機関等
      で取りまとめて申請してください。やむを得ず,該当医療機関等で取りまとめて申請することができない
      場合に限り,個人による申請を行ってください。
             ※個人申請について(医療機関等の申請マニュアル 33ページ) [PDFファイル/774KB]

  次の書類を以下の送付先へ郵送してください。※持参による提出はお控えください。
  ・個別申請書 [Excelファイル/88KB]

  ・勤務証明依頼様式 [Excelファイル/29KB](※個別申請書に直接証明いただく場合は提出は不要です。)

郵送提出先住所: 〒980-8570 宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県 医療政策課 医務班
 ※送付用の封筒の表面に「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金事業 申請書在中」と朱書きするなどしてください。

申請後の流れ

(1)申請内容の審査,給付決定通知の送付
    県の審査完了後,内容に問題等が無ければ,給付決定通知を送付します。

(2)慰労金の支払い
   給付決定通知後,国保連より,医療機関等にまとめて慰労金の振込を行います。

   申請月の翌月末頃の振込となります。(個人による申請の場合,県より慰労金の振込を行います。)
    なお,受付開始直後は申請が非常に込み合うことが予想されますので,申請いただいてから入金までに,
   2か月程度を要することがあります。    

(3)精算事務
   医療機関等は,派遣労働者や業務受託者等を含めて,医療従事者や職員への慰労金の給付が終わった後,
   振込み等が確認できる書類等を県に提出していただきます。
   (1)提出書類
    ・実績報告書(様式第8号)  
    ・実績報告(様式第7号) 
    ・医療従事者一人ひとりに申請額と同額の慰労金の給付が行われていることが確認できる書類,
     要した振込手数料が確認できる書類(銀行口座への振込の場合のファームバンキングの振込記録,
     現金での受け渡しの際の自署または押印された受領簿 等)
     ※領収書等は,番号順になるように準備して下さい。 
    ・振込手数料に差額が発生し追加給付が必要な場合は,振込依頼書も送付してください。(実績報告書提出月の翌月以降の追加給付となります。)
    ・給付決定額よりも実績額が少ない場合は,実績報告の確認後(実績報告書提出月の翌月以降)に返納用の納付書を県より郵送させていただきます。


   (2)提出期限
   医療従事者や職員への給付が完了した日から概ね1か月以内または令和3年4月9日(金曜日)のいずれか早い日までに提出してください。

   ・実績報告書の提出について [PDFファイル/478KB]
   
   ・申請書類一式(医療機関申請用) [その他のファイル/2.67MB] 
    ※申請書類一式の中に,実績報告用のシートも含まれております。

   ・実績報告書(紙申請されていた医療機関用 ) [Excelファイル/35KB] 

   ・振込依頼書 [Wordファイル/53KB](振込手数料に不足が発生する場合のみ)

  (3)提出先
    郵送提出先住所: 〒980-8570 宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 宮城県 医療政策課 医務班
    ※送付用の封筒の表面に「新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金事業 実績報告書在中」と朱書きするなどしてください。

申請様式等

申請書様式(医療機関申請用) [その他のファイル/2.67MB] (容量が大きいため,ダウンロード時間がかかる場合があります。)
※使用するパソコンの環境により、マクロが 組み込まれたファイルがダウンロードできない場合があります。
    Excel2013 以上の環境での使用が推奨されています。 
※申請様式は,デスクトップ等に保存後に入力作業をお願いします。ファイル出力する際にエラーが発生する場合があります。
 7/29更新 委任状の生年月日欄の幅が修正されました
 7/30更新 【重要】ファイル提出に際しての注意事項 [PDFファイル/504KB]  <厚生労働省サイト>
 7/31更新 ※上記ファイルをダウンロード後、ZIPファイルからエクセルファイルを取り出し、デスクトップ等に保存して作   
          業してください。
            ZIPファイル内で作業を行うと、マクロが機能せず、提出用ファイルの出力がうまくいかない場合があります。

 8/14更新 申請書類作成上の留意事項について  [PDFファイル/1.05MB]

※ダウンロード後,ファイル名は修正しないようにお願いいたします。

申請書類一式(紙申請の場合 ※記載方法付き) [Excelファイル/1.39MB] (列・幅が小さい場合は,印刷前に列・幅等を調整していただいて構いません。)

下記の書類の提出が必要となります。
  ・都道府県宛給付申請書(様式第6号)
  ・医療機関等情報(様式第1号)
   ・給付対象内訳(様式第2号)

  ・給付対象内訳委託派遣分(様式第5号別紙) ※委託事業者分の申請がある場合

※申請いただく場合,記載漏れ等がある場合や申請内容に不備がある場合は,給付が遅くなりますので,提出前に再度内容確認や提出書類の確認をお願いします。

 

実績報告書(紙申請されていた医療機関用 ) [Excelファイル/35KB] 

実績報告書の提出について [PDFファイル/478KB]

 

医療機関等向け申請マニュアル(医療機関申請用) [PDFファイル/3.17MB]

慰労金申請の概要や手続きの流れ [PDFファイル/359KB]

慰労金リーフレット(厚生労働省作成) [PDFファイル/1.35MB]
新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業に関するQ&A(第4版)について<慰労金部分抜粋>

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(医療分)交付要綱 [PDFファイル/135KB]
新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)実施要綱 [PDFファイル/223KB]
宮城県新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金交付要綱 [PDFファイル/187KB]

お問い合わせ先

 給付対象者の考え方,申請書の入力方法等に関するお問い合わせ先

 厚生労働省医政局 

 新型コロナ緊急包括支援交付金コールセンター

 電話番号:0120-786-577 (受付時間:平日午前 9時30分~午後6時) 
 ※8月3日より電話番号が変更となっております。

 

給付時期・清算事務等に関するお問い合わせ先

 宮城県コールセンター (令和2年9月1日(火曜日)よりコールセンターを開設しております。)

 電話番号:0570-087-758(受付時間:平日 午前8時30分~午後5時)

 ※電話番号は,今後変更になる場合がございます。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)