ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

仙台空港緊急計画の改正等について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月31日更新

仙台空港緊急計画の改正等について

仙台空港緊急計画連絡協議会において、平成30年度から現行計画を総則と9つの緊急事態ごとの対応計画に再構成中である。

・平成30年度:総則と1.航空機事故(空港内)編を改正。

・令和元年度:2.航空機事故(空港周辺)編、3.乱気流等によるインシデント編、4.航空機の爆破等編を改正。

 

総則編の概要

●構成:総則編のほか、緊急事態の区分に応じた1から9の事案毎の編により構成。

  1. 航空機事故(空港内)編
  2. 航空機事故(空港周辺)編
  3. 乱気流等によるインシデント編
  4. 航空機の爆破等編
  5. 航空機の強取編
  6. ターミナルビル等の火災編
  7. 危険物の漏洩等編
  8. 自然災害編
  9. その他伝染病、集団食中毒医療上の緊急事態編

●相互援助協定:

緊急事態発生時、相互に連携を図り、活動を迅速かつ円滑に実施するため関係機関と協定等を締結(近隣市消防局・医師会、日赤宮城県支部 等)

● 空港内配備資器材等

  1. 消火救難用資機材
  2. 医療救護用資器材

●定期的な訓練の実施

  1. 総合訓練、
  2. 部分訓練、
  3. 図上訓練

 

1.航空機事故(空港内)編の概要

●関係機関の構成と活動内容

 (関係機関の中に、医療政策課と宮城DMAT)

 宮城DMAT

  • 消防機関等と連携した情報の収集・伝達,トリアージ,救急医療等
  • 後方医療機関への緊急搬送の要否及び搬送順位決定
  • 搬送中の患者の診療
  • 広域搬送支援

●総合対策本部等の設置

 

●航空機事故発生時等の通報

仙台国際空港株式会社は、空港内で航空機事故が発生又は発生するおそれがある場合、連絡体制図に基づき、関係機関に対して通報(※)し、消火救難活動又は医療救護活動等の要請を行う。 ※専用回線・直通回線、非常順次通報装置等による通報

  初期通報は判明しているものを速やかに通報する。

(発生時刻、発生場所、事故機の型式、事故の態様、集合場所、乗客・乗員数 等)

      ↕

  県庁側の窓口:空港臨空地域課(仙台空港航空機事故等対応マニュアル)

  宮城DMATの連絡調整:医療政策課

 

2.航空機事故(空港周辺)以下 略

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。