ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす医療政策課県立病院のあり方検討会議について

県立病院のあり方検討会議について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月28日更新

県立病院あり方検討会議

  地方独立行政法人県立病院機構は、平成30年度末に循環器・呼吸器病センターを閉院し、2病院体制となります。また、東北医科薬科大学の開学等、県内の医療提供体制は近年大きく変化しています。

  一方、病院機構の経営は平成27年度以降赤字となっており、将来に向けて楽観できない状況にある中、精神医療センターは老朽化による病院建替、がんセンターについても大規模修繕が必要となっています。

    これらのことから、今後、県立病院が担うべき役割や政策医療として実施する必要性について有識者の意見を聞くため、県立病院のあり方検討会を開催するものです。

   検討会は病院ごとに設置し、会議の協議結果として得られた方向性を踏まえ、県としての方針決定に向けた検討を進めていくことになります。

1 県立がんセンターあり方検討会議

1 開催のお知らせ

 

 

2 会議議事録

 

 

 

 

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)