トップページ > 組織から探す > 農政部 > 古川農業試験場 > 作物育種部トップページ

掲載日:2021年12月1日

ここから本文です。

作物育種部トップページ

作物育種部の概要

当部は,「品種育種チーム」,「品種評価チーム」,「原種生産チーム」の三つのチームからなります。

  • 「品種育種チーム」は,水稲品種の開発を行っており,これまでに「ササニシキ」,「ひとめぼれ」,「だて正夢」などを育成しました。
  • 「品種評価チーム」では,水稲,大豆および麦類について,宮城県での栽培に適する品種を選定する試験(奨励品種決定調査)を行っています。
  • 「原種生産チーム」では,一般種子生産の元種(もとだね)となる原種の生産,原種の元種となる原原種の生産を行っています。

現在は,宮城県の気候に適した耐冷性・耐病性に優れた良食味米の育種を中心に,業務用米や低アミロース米など,さまざまな用途のイネ育種に取り組んでいます。

構成員

部長

品種育種チーム

  • 研究職員3名

品種評価チーム

  • 研究職員2名

原種生産チーム

  • 研究職員2名

農場業務・試験検査補助

  • 現業職員5名
  • 試験検査補助1名

研究課題

現在取り組んでいる研究課題

育成品種・系統の紹介

近年育成した品種・系統をご紹介しています。

最近の研究成果

場研究成果からご覧ください。

お問い合わせ先

古川農業試験場作物育種部

宮城県大崎市古川大崎字富国88

電話番号:0229-26-5105

ファックス番号:0229-26-5102

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は