ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす下水道課「宮城県流域下水道事業経営戦略」(H31~H40)の策定について

「宮城県流域下水道事業経営戦略」(H31~H40)の策定について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月15日更新

「宮城県流域下水道事業経営戦略」(H31~H40)を策定しましたので公表します。

(以下のリンクからファイルをダウンロード願います。)

 

■策定の背景及び目的

   下水道事業は人口減少や節水型社会の進展に伴い、将来的な処理水量の減少が想定されることや、

  下水道施設の老朽化により、施設の更新に多額の費用が必要となります。

    また、総務大臣から、経営状況を明確にするため、下水道事業に地方公営企業法を適用し、あわせて

  経営戦略の策定について要請されるなど、下水道を取り巻く環境が大きく変化しています。

   そうした状況を踏まえ、平成31年4月1日から流域下水道事業を公営企業会計へ移行し、あわせて経営

  の効率化や安定的な事業運営を行うため、「宮城県流域下水道事業経営戦略」(H31~H40)を新たに策定

  しました。

 

  「宮城県流域下水道事業経営戦略(H31~H40) 概要版」 [PDFファイル/1.07MB]

  「宮城県流域下水道事業経営戦略」(H31~H40) [PDFファイル/3.1MB]

 

 

 

 


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)