ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがすしごと・産業産業支援・企業支援中小企業支援令和2年度時代と地域が求める産業人材育成業務に係る企画提案の募集について

令和2年度時代と地域が求める産業人材育成業務に係る企画提案の募集について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月7日更新

募集の概要

1 業務の目的

  • 東日本大震災から9年が経過し,宮城県内では復旧・復興は着実に進んでいるものの,人口減少に伴う国内市場の縮小や,国内外での地域間競争の激化など,地域経済を取り巻く環境はますます厳しさを増しています。
  • また,我が国では,新型コロナウイルス感染症拡大の影響により,経済が極めて厳しい状況となっていることに加え,「新しい生活様式」への対応を見据えたデジタル化・オンライン化の遅れや新しい技術を活用できる人材の不足など新たな課題が浮き彫りとなっています。
  • 今後,地域産業が持続的な発展を続けていくためには,効率化や多能工化を前提とした労働生産性の向上が喫緊の課題です。AI・IoT等の先端技術の実装やデジタル経済の進展に伴うSociety5.0社会の到来を見据え,企業は,ICT技術を単なる効率化の手段としてではなく,新たな価値を生み出す原動力と位置付け,自社の体制を再構築していくことが求められます。
  • 現在,我が国のICT人材はSIerなどのベンダー側に偏在しており,ユーザー側の企業がAI・IoT等の先端技術を導入する場合,その多くをSIer等のICT企業に委託していますが,今後は,ユーザー側の企業が自社の業務に直結したAI・IoT等の知識・技能を持った中核人材を育成し,新たな視点に基づいた生産性の向上に取り組んでいくことが必要です。
  • そのため,本業務では,県内の民間企業が運営する研修カリキュラム及び県内大学等が保有する人材育成プログラムその他のAI・IoT等の知識習得のための既存のリソースを活用しつつ,ユーザー側企業を対象とした「時代と地域が求める産業人材」の育成に向けた新たなリカレント教育体制整備のための調査・分析を行い,事業推進体制の整備や育成カリキュラムの構築を目的とするものです。
  • なお,本業務の実施に当たっては,県内ICT企業のすう勢や,AI・IoT等分野におけるユーザー側の課題に精通した民間企業・団体等に委託し,効率性及び実効性の向上を図るものです。

2 名称

  • 令和2年度時代と地域が求める産業人材育成業務

3 委託業務の主な内容

  (1) 時代と地域が求める産業人材育成体制の整備
  (2) リカレント教育カリキュラムの構築
  (3) 経営者層向けAI・IoT等分野に係る普及啓発
  (4) 受注者(参加申込者)による独自の取組 【任意】
  (5) 調査報告書及び育成カリキュラム案の作成

  ※ 仕様書(案)及び企画提案募集要領等を十分にご確認ください。

4 委託期間 【予定】

  • 契約締結日から令和3年3月26日まで

5 事業費(委託上限額)

  • 金 6,085,200円(消費税及び地方消費税を含む)

6 公募の主なスケジュール

スケジュール
  
(1) 企画提案募集の公告

令和2年8月4日(火曜日)

(2) 業務に関する質問受付
  (※電子メールのみ)

令和2年8月4日(火曜日)から

令和2年8月12日(水曜日)正午まで

(3) 参加表明

令和2年8月20日(木曜日)正午 (※必着)

(4) 企画提案書の提出期限

令和2年8月27日(木曜日)正午 (※必着)

(5) 委託候補者選定委員会

令和2年9月2日(水曜日)【予定】

(6)  選定結果の通知及び公表

令和2年9月上旬【予定】

(7) 選定業者との見積合わせ

令和2年9月中旬【予定】

7 企画提案募集要領等

8 質問に対する回答等 

  • 質問又は回答内容が質問者の具体的な提案事項と密接に関わるものについては,質問者に対してのみ回答する場合もあるほか,質問内容によっては回答しない場合もあります。

9 選定結果 

  (1) 業務委託候補者

  • 株式会社ミヤックス

  (2) 企画提案者

  • 株式会社ミヤックス

  (3) 評価点

評価点(満点600点)
区分提案者
評価点410点

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)