ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「PCQI(予防管理適格者)養成講座」の開催について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月9日更新

 県では、米国への販路開拓に取り組む県内事業者を支援するため、各種事業を実施しております。

 その一環として、米国においては、2011年に制定された「食品安全強化法(FSMA)」の適用が近年開始され、さらに厳しい食品安全の基準への対応が求められていることを受け、県では、県内事業者のFSMA対応を促進するため、各種セミナーやアドバイザー派遣を実施します。

 その第三弾となる本講座においては、米国食品医薬品局(FDA)が認める基準である、The Food Safety Preventive Controls Alliance(FSPCA)が承認する「予防管理適格者(PCQI)」養成トレーニングカリキュラムを実施します。本講座の受講者はPCQIの資格が取得できます。

 米国への農林水産物・食品の輸出にご関心のある方々のご参加をお待ちしております。

概要

(1)対象者 以下5つの条件を全て満たす方
  ・米国向けにPCHF対象品目を輸出している,もしくは輸出を検討していること。
  ・ 同一の参加者がすべてのカリキュラム(3日間)を受講できること(代理出席不可)。
  ・中小企業基本法に定義する「中小企業者」であること。
  ・以下の条件のうちいずれかを満たす事業者であること。
   イ 宮城県内に登記上の製造拠点がある
   ロ 宮城県産品を主な原料としている商品を製造している
  ・ 資格取得後に食品安全計画のドラフトを作成し,第四弾「PCQIフォローアップ講習会」に参加する意思があること。

(2)同意事項
  当該講座によりPCQIを取得した事業者名のリストを,米国市場への輸出促進のため第三者に提供する場合があります。
  (資格取得者の個人名が特定されるものではなく,事業者名のリストです。)

(3)日時(予定)
  令和元年 9月4日(水曜日)9時00分 ~ 18時30分
  令和元年 9月5日(木曜日)9時00分 ~ 18時30分
  令和元年 9月6日(金曜日)9時00分 ~ 12時00分
   ※適宜 ,昼 休憩 ,休憩をとります。   

(4)会場
  中小企業基盤整備機構東北本部セミナールーム
    (仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービル 6階)

(5)定員
  20名

(6)料金
  11,000円(テキスト代,FSPCA登録料等を含む)

(7)プログラム(予定)
  PCQI養成講座(食品安全計画の概要,CGMP,PRP,危害分析とは,食品安全計画の作成,
    危害要因分析,予防的管理措置,検証,妥当性確認,記録,リコール計画等,PCQI資格を
    取得するためにFSPCAが定めている内容)

 ※詳細はPCQI養成講座チラシ [PDFファイル/399KB]をご覧ください。

申込み方法等

下記ウェブページをクリックしイベント申し込みページよりお申し込みください。
  https://www.jetro.go.jp/sendai

連絡先

  日本貿易振興機構(ジェトロ)仙台貿易情報センター
  担当:井上,布施      電話:022-223-7484


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)