ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

事業概要2020

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月7日更新

登米地域事務所 2020年度版 事業概要

 東部土木事務所登米地域事務所は、宮城県の北東部、岩手県との県境に位置する登米市一円を管轄しています。登米市は平成17年4月に、登米郡8町(迫町、登米町、東和町、中田町、豊里町、米山町、石越町、南方町)と本吉郡1町(津山町)の合併により誕生し、人口は令和2年2月末現在、およそ7万9千人です。
当事務所が管理する登米市一円は、面積が約536k平方メートルで、東部が山間地帯、西部が丘陵地帯となっており、東部を流れる北上川や、ほぼ中央部を貫通する迫川とその支川のほか、北西部には、ラムサール条約に登録された伊豆沼・内沼と蕪栗沼、そして長沼などが存在し、地域全体として「水の里」と称されています。
また、山間地帯と丘陵地帯の間には広大で平坦肥沃な登米耕土が形成され、宮城米「ひとめぼれ」などの主産地となっており、宮城県内有数の穀倉地帯として重要な役割を担っているところです。

 

事業概要 [PDFファイル/2.87MB]

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?
ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)