ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす東部土木事務所登米地域事務所平成28年度 長沼ダム利活用会議を開催しました

平成28年度 長沼ダム利活用会議を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月29日更新

平成28年度 長沼ダム利活用会議を開催しました

 平成26年度から管理に移行した長沼ダムでは,建設時に培われた地域活性化に関連する取り組みを継承しつつ,ダム運用開始に合わせた新たな地域活性化を推進するため,長沼ダムに関係する地域の代表や行政が一堂に会して,情報の共有や新たな取り組み,問題解決を話し合う場として「長沼ダム利活用会議」を開催しました。

 

■日 時:平成28年11月28日(月曜日) 午後1時30分~

■場所:宮城県登米合同庁舎 501大会議室

■委 員:長沼漁業協同組合,スマイルサポーター,登米市観光物産協会

      元長沼ダム地権者会,NPO伊豆沼・長沼水環境ネットワーク

      宮城県長沼ボート場,迫川沿岸土地改良区,登米市関係各課

      ネーミングライツスポンサー,長沼ダム管理事務所の各関係者

■議 題:貯水池の運用実績について/ダム周辺の除草・支障木伐採について

      長沼の水質について/スマイルサポーターについて

      イベント・レクリエーションの実績について

■内 容:今回の会議では,宮城県保健環境センターの佐藤重人水環境部長を講師に招き,長沼の水質について説明をいただき,伊豆沼・内沼自然再生事業の先進事例や水質改善に向けた取り組みなどについて意見交換がなされました。

委員からは,長沼への利水補給や漕艇場の恒久施設としてのさらなる利活用,3月18日~20日に開催される「東北風土マラソン&フェスティバル」についての情報提供と協力依頼など活発な意見が交わされました。

■開催状況

会議の様子1会議の様子2

会議の様子3会議の様子4