ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ分類でさがす防災・安全大規模災害防災対策・システム平成26年度6月12日総合防災訓練を実施しました

平成26年度6月12日総合防災訓練を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月18日更新

東部土木事務所登米地域事務所の訓練概要

 今回の総合防災訓練は、東日本大震災と同レベルの地震・津波を想定し、発災時における初動体制や、地震から3日後、大雨による水防計画に基づく連絡体制などの確認を目的として実施しました。

 実施方法としては、シナリオブラインド型ロールプレイング方式として、コントローラー(条件付与者側)のみ訓練シナリオを把握し、プレーヤー(訓練参加者)には条件を知らされていない、実践に即した訓練方法で実施しました。

 本番さながらの訓練内容に、参加した建設業協会、道路管理業者、職員ら皆が真剣に取り組み、短い時間ではありまたしたが、災害発生時における初動体制の確認を行うことができました。

 また、訓練後の意見交換会では、ホワイトボードへの情報の記入方法や、被災箇所や通行止め箇所の現場確認の方法など、活発な意見交換が行われ、今後見直すべき改善点などが具体的に提案されました。

 【訓練内容】 

  1. 安否情報連絡訓練 7時00分~ 8時30分 58名
  2. 被災情報等伝達訓練 9時00分~15時40分 29名
  3. 意見交換会 13日9時00分~10時00分 21名

ホワイトボードを使って情報収集したことを書いていく様子
情報収集状況

道路管理GISを使う訓練
道路管理GIS

地図を使って情報収集をする様子
情報収集(地図)

意見交換会の様子
意見交換会