ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす東部土木事務所登米地域事務所南沢川砂防コラボ事業による施設改良工事が完成しました

南沢川砂防コラボ事業による施設改良工事が完成しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月24日更新

南沢川では,昭和40年代に整備した流路工において,長年にわたる出水の影響もあり,護岸基礎部に最大で1m程度の異常洗掘が発生しました。この洗掘により,護岸が不安定な構造となりましたが,反面,魚が棲みやすい深み(淵)が形成されることになりました。

南沢川砂防コラボ事業は,洗掘が進行し不安定となった護岸の改良(根継工,帯工等)と,魚類の棲家となった河床洗掘の深みの保全の両立を目指して,取組みが始められました。地域住民と協働でこれらの両立した改良方法を検討するため,地元の方々8名と登米市職員を委員とした「南沢川砂防流路護岸補修検討委員会」を設置し,その検討結果を施工に反映させ,平成24年9月に改良工事が完成しました。

事業概要

事業年度

平成22~23年度

南沢川砂防流路護岸補修検討委員会の開催経緯

  • 平成22年8月5日 第1回南沢川砂防流路護岸補修検討委員会(検討委員会の趣旨と事業内容の確認)
  • 平成22年9月7日 第2回南沢川砂防流路護岸補修検討委員会(現地調査)
  • 平成22年10月27日 第3回南沢川砂防流路護岸補修検討委員会(現地調査及び平成22年度工事発注内容の説明)
  • 平成23年3月2日 第4回南沢川砂防流路護岸補修検討委員会(工事の一部概成による現地確認)
  • 平成23年12月16日 第5回南沢川砂防流路護岸補修検討委員会(平成22年度成果の確認と平成23年度計画内容の説明)
  • 平成24年10月18日 第6回南沢川砂防流路護岸補修検討委員会(南沢川砂防コラボ事業の完了報告)

施工内容

根継工,帯工,魚道工,床固工

完成写真

完成写真 完成写真

完了パネルの贈呈

コラボ事業の完了報告を行った「第6回南沢川砂防流路護岸補修検討委員会」において,所長より地元委員に対してコラボ事業のあらましをまとめたパネルを贈呈しました。

パネル贈呈の様子の写真

パネルは,地域協働で整備した「南沢川砂防コラボ事業」を,地域の記憶に永く留めていただくため,河川砂防班職員が手作りで作成しました。パネルは地区の集会所に掲載していただくことになりました。

贈呈したパネルの写真