ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす東部家畜保健衛生所本吉町有機肥料センターの概要

本吉町有機肥料センターの概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

気仙沼市本吉有機肥料センターの概要


施設の規模概要

施設の規模概要の表
計画処理能力30.638トン
内訳乳牛ふん(成牛)
 
10.767トン
肉牛ふん(肥育)5.521トン
ブロイラーふん  12.350トン
返送材2.00トン

気仙沼市本吉町有機肥料センター

 

 

 

 

 

 

 

 

工事概要

工事概要の表
事業名平成10年度南三陸地区畜 産基盤再編総合整備事業
所在地宮城県気仙沼市本吉町角柄15-4
敷地面積8214.40平方メートル
延べ床面積2121.34平方メートル
発酵処理施設1594.76平方メートル
管理棟・製品保管庫526.58平方メートル
施設設備発酵処理機械,発酵曝気設備,養生曝気設備,汚水処理設備,脱臭設備,    
自動袋詰装置,自走式ローダー,運搬車,フォークリフト
工期着工:平成10年11月
竣工:平成11年8月
建設事業費437561千円
事業実施主体

社団法人宮城県農業公社

 堆肥運搬車

畜産農家から堆肥運搬車で家畜ふんを搬入します

攪拌機

スクープ式攪拌機により強制発酵処理されます
下部から強制的に空気が送り込まれ,悪臭は脱臭フードで補集し,脱臭槽へ送られます

養生槽

一次発酵処理した堆肥は,養生槽で保管されます

養生槽から製品保管庫へ

養生が終わった堆肥は,ホイルオーダーで製品保管庫へ

自動袋詰め機械

製品は,自動袋詰装置により袋詰めされます本文ここまでです