ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

旧北上川圏域河川整備計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

旧北上川圏域河川整備計画とは

河川整備ブロック区分図 宮城県では,旧北上川圏域の河川整備計画の策定を進めています。
 河川整備計画は,河川整備の基本となるべき方針を定めた「河川整備基本方針」に沿って,今後20年~30年間の具体的な河川整備の内容を示すもので,河川整備の目標,河川整備の実施に関する事項(工事や河川維持の目的や種類,施行の場所)が記載されます。
 河川整備計画の策定に当たっては,学識経験者,地域住民等,地方公共団体の長の意見を聞き,それらの意見を反映させた上で計画を取りまとめることと河川法で定められています。
 宮城県では,県内を30のブロックに分けて,そのブロック毎に計画を策定します。
 今回計画を策定する旧北上川圏域は,一級河川北上川水系の河川のうち,旧北上川に接続する追波川や真野川,加茂川など,県が管理する河川が対象となります。

旧北上川圏域 対象河川一覧

古川,追波川,大森川,竹の迫川,新寺川,赤柴川,挟川,加茂川,大土川,倉の迫川,小枝川,金沢川,真野川,八津川,高木川,日向川,日影川,内の原川,水沼川 計19河川

「旧北上川圏域河川整備学識者懇談会」について

学識者懇談会の概要とメンバー

 旧北上川圏域河川整備計画の策定にあたり,計画の基本的な方針について専門的な見地から意見聴取を行うため,学識経験者等からなる,「旧北上川圏域河川整備学識者懇談会」を設置しました。

学識者懇談会の各開催内容

「旧北上川圏域河川整備計画(素案)」への意見募集(パブリックコメント)について【終了しました】

 整備計画(素案)についてのパブリックコメントは,平成20年12月9日を持ちまして,終了しました。
 募集期間中,石巻市内の2会場において,「地域の方々の意見を聞く会」を開催しました。
 頂いたご意見については,下記ページにて,県としての対応と見解を整理しています。

リンク


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)