ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす東部土木事務所第1回旧北上川圏域河川整備学識者懇談会

第1回旧北上川圏域河川整備学識者懇談会

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月17日更新

概要

状況写真 宮城県では,一級河川北上川水系の河川のうち,旧北上川に接続する追波川,加茂川,真野川などを対象とした,旧北上川圏域の河川整備計画の策定を進めています。
 河川整備計画は,河川整備の基本となる方針を定めた「河川整備基本方針」に沿って,今後20年~30年間の具体的な河川整備の内容を示すもので,河川整備の目標,河川整備の実施に関する事項(工事や河川維持の目的や種類,施行の場所)が記載されます。
 この旧北上川圏域における河川整備計画の策定にあたり,計画の基本的な方針について専門的な見地から意見聴取を行うため,学識経験者等からなる「旧北上川圏域河川整備学識者懇談会」を設置し,平成20年7月16日,宮城県東部下水道事務所大会議室を会場として,第1回懇談会を下記の通り開催しました。

第1回懇談会の内容

 第1回懇談会は,午前の部としてマイクロバスにで圏域の対象河川を巡り,現地視察を行いました。
 午後の部は,会員互選により座長・副座長を選出し(座長:高崎委員,副座長:柳委員),事務局より圏域の概要と現状の課題等について説明を行い,意見交換を行いました。
 意見交換では,対象河川の視察を踏まえ,自然や景観をできるだけ残す工夫が必要ではないかといった意見や,周辺土地利用との関連など,各委員それぞれの専門的視点から河川整備において考慮すべき点について意見をいただきました。

(使用した資料)

第2回懇談会のお知らせ 

 次回,第2回懇談会は9月下旬~10月上旬に開催し,具体的な河川整備の内容について意見を交換する予定です。
 会議は傍聴ができますので,ぜひご参加ください。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)