ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす東部土木事務所堤防除草に伴う「刈草」利用者の募集

堤防除草に伴う「刈草」利用者の募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月17日更新

廃棄物の低減と資源の有効利用

 廃棄物の低減と資源の有効利用を目的として,堤防除草に伴い発生する「刈草」の引き取り手を募集しています。
 引き取りにあたっては,以下の要件・注意事項を了解し,厳守していただきます。 
 除草期間は6月~9月頃を予定していますが,水田周辺の河川(北北上運河を除く)では,カメムシ被害防除対策で7月中旬~8月下旬の除草を実施しない区間もありますので,事前に確認してください。
 みなさまの御応募をお待ちしております。

募集する河川

  皿貝川,中島川,大沢川,追波沢川,追波川,富士川,真野川,定川,北北上運河

募集要件

  1. はっきりとした利用目的があり,刈草を現地へ直接引き取りに来ていただける方とします。(注1,2)
  2. 必ずしもよい草とは限りませんので,あらかじめ現地で確認した上で御応募願います。(注3)
  3. 引き渡しは先着順とし,各河川毎に終了した時点で受付を締め切ります。(注4)
  4. 事前に申請してください。電話かFax(申請書に必要事項を記入して送信)で引き取りを希望する一週間前までに東部土木事務所または各委託業者(申請書ウラ面記載)に連絡してください。(注5)

注意事項

  1. 刈草の適正な有効利用を推奨するため,刈草を家畜の飼料及び敷きワラに使用する,もしくは刈草を畑の堆肥として利用する等,利用目的が明確な方に限らせていただきます。
    引き渡し場所は,東部土木事務所もしくは各委託業者(申請書ウラ面記載)へ確認してください。
  2. 堤防除草による刈草は,「一般廃棄物(自ら利用し、また他人に有償売却できないため不要になったもの)」となるため,法律上無償で引き渡しが出来ません。しかし,現地で直接引き取りいただくことで,その行為が相当の代価と認められ,有価物として利用が可能になります。
  3. 出来る限り注意を払いますが,ゴミ,堅い草,カビ等の混入が想定されます。現地を確認し,草の状態を確認してください。また,注1)の関係もあり,引き渡し後の返品や品質への責任の一切を負うことが出来ません。
  4. 天候や作業状況等により,引き渡し時期及び刈草量が変動します。申請書を確認後,引き渡し時期や場所等について,委託業者より御連絡いたしますが,御希望に添えないこともございます。
  5. 事故防止のため、引渡時に積載重量を確認いたします。一度に引き渡せるのは積載重量までとします。梱包寸法及び重量は未定ですので,事前に確認してください。

申請書

刈草引き取り申請書(PDFファイル/381KB)

※1ページ目はチラシになっております。2ページ目が申請書になっています 本文ここまでです


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)