ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

適正飼養等に関する普及・啓発

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月16日更新

動物由来感染症予防のため,動物との過度のふれあいは控えましょう。

  • 細菌やウイルス等が動物の口の中や爪にいる場合があるので,口移しでエサを与えたり,スプーンや箸の共用は止めましょう。
  • 動物を布団に入れて寝ることも,濃厚に接触することになるので要注意です。
  • 動物に触ったら,必ず手洗いや消毒をしましょう。
  • 直接動物に触れていなくても,動物が排泄しがちな砂場や公園等も注意が必要です。
  • 砂遊びや草むしり等した後は,十分に手洗いや消毒を実施してください。
  • 動物由来感染症を知っていますか?(厚生労働省ホームページ)1

毎年9月20日から26日は動物愛護週間です。

  • 宮城県動物愛護センターでは,動物の愛護及び適正飼養に関する普及・啓発事業に取り組んでいます。
  • 犬や猫などと過ごす日々は,かけがえのない時間です。一方で,ペットとして迎え入れるという事は,その動物の命を預かることでもあります。終生飼養可能な環境なのか,家族の了承や協力は得られるのかなど,考えるべきことは沢山あります。家族の一員として迎え入れようと考えている方も,すでに愛犬・愛猫がいる方も,ぜひこの機会に考えてみませんか。
  • 動物愛護週間について(環境省ホームページ)

12