トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療・保健 > 感染症予防 > 新型コロナウイルス > 初回接種(1回目・2回目接種)について

掲載日:2022年5月25日

ここから本文です。

初回接種(1回目・2回目接種)について

1.接種時期

令和3年2月17日から令和4年9月30日までです。

2.接種対象

 初回接種(1回目・2回目接種)の対象者は,原則,日本国内に住民登録がある5歳以上の方です(国籍は問いません)。

3.ワクチンの回数・接種の間隔・接種対象年齢

初回接種は,2回接種することとなります。ワクチンごとの1回目と2回目の接種間隔および接種対象年齢は次のとおりです。

ワクチンの種類 1回目と2回目の標準接種間隔 接種対象年齢
ファイザー社 3週間 5歳から11歳の方(※1)
3週間 12歳以上の方
武田/モデルナ社 4週間 12歳以上の方
アストラゼネカ社 4~12週間(※2)

原則40歳以上の方(※3)

武田社(ノババックス) 3週間 18歳以上の方

(※1)5歳から11歳の子どもへの接種(小児接種)についての詳細は,下記のホームページをご確認ください。
 5~11歳の子どもへの接種(小児接種)について
(※2)最大の効果を得るためには,8週間以上の間隔をおいて接種することが望ましいとされています。
(※3)対象者が他の新型コロナワクチンではなく特にアストラゼネカ社製ワクチンの接種を希望する場合(他の新型コロナワクチン含有成分へのアレルギーがある場合等)等の特に必要がある場合は,18歳以上の方も接種可能です。

  • 接種券付き予診票を使用して優先接種を受けた方が,一般住民向け接種券を使用して再度初回接種を受けることはできません。
  • 1回目と2回目の接種間隔

 標準の接種間隔を超えても,2回目の接種を受けることができます。接種できる間隔の上限が決められているわけではありません。接種を1回目からやり直す必要はありませんので,なるべく早く,2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

4.接種費用

全額公費で接種するため,無料となります。

5.接種を受ける際の同意

 新型コロナワクチンの接種は,皆さまに受けていただくようお勧めしていますが,接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで,接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。ただし,16歳未満の方の場合は,原則,保護者の同伴と予診票への保護者の署名が必要となります。
 予防接種を受ける方には,予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で,自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく,接種が行われることはありません。

お問い合わせ先

新型コロナワクチン接種推進室ワクチン接種調整班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:022-211-2806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は