トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療・保健 > 感染症予防 > 新型コロナウイルス > 新型コロナウイルス感染症に係る宿泊療養をされる皆様へ

掲載日:2021年11月22日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に係る宿泊療養をされる皆様へ

新型コロナウイルス感染症に係る宿泊療養をされる皆さまへ

  • 新型コロナウイルス感染症の患者の皆様のうち、無症状または医学的に症状が軽い方については、ご家族やご友人等に感染させないよう、宿泊療養施設(ホテル)で安静・療養を行っていただいております。
  • 宿泊療養施設には看護師が常駐しています。また、医師が24時間オンコールで対応する体制を整備しています。
  • お食事は、3食お弁当をご提供します。

宿泊施設での1日の流れ

時間

内容

備考

7時00分

朝食

お弁当を配付します

7時30分

健康チェック1

当日朝の体温と体調を,チェックシートへご記入いただきます

9時00分

健康観察

看護師・保健師が電話で体調について聞き取ります

午前

各自お部屋で療養いただきます

12時00分

昼食

お弁当を配付します

午後

各自お部屋で療養いただきます

16時00分

健康チェック2

当日夕方の体温と体調を,チェックシートへご記入いただきます

17時30分

夕食

お弁当を配付します

※入所先の宿泊施設によって、上記とは時間の設定が異なる場合があります。

宿泊療養施設の設備について

  • バス、トイレ付きの個室です。同室者の有無等、状況に応じて部屋の種類を決定します。
  • テレビ、冷蔵庫、Wi-Fi等の設備があります。詳しくは下記の「宿泊療養施設備品」を御覧下さい。
  • タオル、アメニティ等、一部購入可能な物があります。(退所時に精算となります)
宿泊療養施設備品
ベッド 机・椅子 テレビ
冷蔵庫 ドライヤー 電気ポット
ハンドソープ 掃除用具
(お風呂・トイレ用)
箱ティッシュ
体温計 パルスオキシメーター ボールペン

 

療養上の注意事項

(1)入所について

  • 自宅から宿泊療養施設への移動手段は県又は仙台市が手配する専用の搬送車に限ります。
  • 自宅から宿泊療養施設までの移動中は、買い物・トイレ等に立ち寄ることはできません。

 

(2)退所について

  • 原則として、「発症日から10日経過し、かつ、症状軽快後72時間経過していること」を医師が確認した後、退所することができます。
  • 上記の基準を満たした症例では、PCR検査等の結果によらず二次感染のリスクは低いとされており、原則として、陰性確認のためのPCR検査等は実施しません。
  • 「発症日から10日経過し、かつ、症状軽快後72時間経過」にかかわらず、入所後少なくとも3日間は施設内で療養していただきます。
  • 退所の際のご自宅までの移動は、ご自身でおこなっていただきます。
    (帰宅のための交通費を持参してください)

 

(3)持ち物について

  • 日用品
    パジャマ、下着(必要な枚数)、衣服、スリッパ、タオル類、洗面道具、歯ブラシ・コップ、シャンプー、リンス、ボディソープ、コーヒー・ジュース類、マグカップ、イヤホン、雑誌、携帯電話、充電器等(毛布が必要であればお持ちください)
  • 現金
  • 保険証
  • 内服薬(必ず不足しないように持参してください。目安として2~3週間分)
  • お薬手帳

※飲み物については、水・お茶パックをご用意しております。ジュース類は事前に御準備ください。(自動販売機はご利用いただけません)

※入所後は、退所まで外出することができません。必要なものは入所の際に持参してください。

※アルコールやたばこ、生もの、騒音のするものは持ち込みできません。

※貴重品の管理はご自身の責任でおこなってください。宿泊療養施設内での紛失・盗難について、当県は一切責任を負いません。

 

(4)インターネット通販・差し入れについて

  • 入所後に家族やインターネット注文により宿泊療養のための必要物品の配達を希望された場合は、ホテルで受け取りお部屋の前まで届けます。(着払い・代金引換はできません)
  • 生もの、冷蔵品、冷凍品や出前の受け取りはできません。
  • 緊急時や、やむを得ない場合を除き、御家族等による直接ホテルへの持ち込み(差し入れ)は控えていただきますようお願いします。

 

(5)食事について

  • 1日3回、お弁当をご提供します。

 

(6)健康管理について

  • 安全に療養いただくために、毎日朝夕の2回の検温等、健康管理にご協力ください。
  • 病状の変化に応じて、市販薬を提供できる場合があります。
  • 症状が悪化した場合には、適切な医療が受けられるよう、医師の判断により、医療機関搬送になる場合があります。
  • 健康状態の正確な確認が困難になる恐れや、症状の悪化の恐れがあることから、宿泊療養中の飲酒・喫煙は厳禁です。

 

(7)その他

  • 宿泊療養のお部屋では、Wi-Fiが利用できます。
  • コインランドリーは使用できません。洗濯は、浴室内(洗面台又は浴槽)での手洗いのみとなりますので、洗濯用洗剤をお持ちください。
  • 宿泊療養中に発生した自己負担金(宿泊施設内でアメニティ等を購入した場合に発生)については、退所時にホテルで精算となります。(現金のみ)
  • 宿泊療養中は、健康に関すること、生活に関することについて、ホテルの内線電話でいつでも看護師等に相談できます。
  • ペットについては宿泊療養施設に入るまでに、家族や知人等の預け先を見つけてください。自身で預け先を見つけることが困難な場合は、お住まいの保健所へ相談してください。

 

18歳未満の方が単独で入所する際の同意書について

宿泊療養施設に18歳未満の方が単独で入所する場合は、下記の同意書を入所時に持参していただきます。
持参が必要となる対象者の方には、入所前にお住まいの地域を管轄する保健所から個別にご案内いたします。

同意書(ワード:21KB)

同意書(PDF:69KB)

※同意書ファイルにはパスワードを設定しております。パスワードは対象者にのみ管轄保健所からお知らせいたします。

宿泊療養施設で提供した水の自主回収について

令和3年9月17日(金曜日)に自主回収を行うことが発表された、アイリスフーズ株式会社の「富士山の天然水」500ml及び2Lについては、県内の6棟すべての宿泊療養施設において療養者に提供していました。

県では,現在使用中及び保管されている同商品のうち、自主回収対象分を処分し、異物混入のおそれのない商品に交換しております。

「富士山の天然水」については、宿泊療養施設において以前より提供しております。

すでに退所された方も含め、その健康影響については、アイリスフーズ株式会社にお問い合わせをお願いいたします。

 

アイリスフーズ株式会社ホームページ

https://www.irisfoods.co.jp/news/2021/0917.html

お問い合わせ先

宮城県保健福祉部新型コロナ調整室
宿泊療養施設調整班

電話 022-211-3622

(受付:平日 午前8時30分から午後5時15分まで)

お問い合わせ先

新型コロナ調整室 

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は