ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ組織でさがす長寿社会政策課「介護職働き方改革応援宣言プロジェクト事業」について

「介護職働き方改革応援宣言プロジェクト事業」について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月15日更新

事業の概要について

 県では,今年度より「介護職働き方改革応援宣言プロジェクト事業」と題し,県内介護事業所への「週休3日制」導入の支援を行います

 

週休3日制の導入について

 国や県の将来推計によりますと,労働力人口の減少を背景とした介護職員の人材不足は,今後一層深刻化していくことが予測されています。

 「週休3日制」の導入により,多様な働き方を実現することで,介護職員の心身の健康増進やプライベートの充実につながる働き方改革を推進します。

    ※従来の週休2日制と比較しますと,週休3日制の導入により一ヶ月の休日が3~4日増えることとなります。

    ※ワーク・ライフ・バランスの向上により,プライベートの充実にもつながります。

 制度の導入に際しては,業務内容や分担の見直し等,いろいろな対応が必要になります。当事業により,専門的なサポートを行うことで,週休3日制の導入と運用を支援いたします。

 

 詳細な説明については,以下の項をご覧下さい。

 

事業の説明会について

 当事業に関する説明会の開催を予定しておりましたが,新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から,説明会に代わり説明動画の配信を行うことといたしました。

 

 動画の閲覧を希望する方は,長寿社会政策課 介護人材確保推進班あてにEメールでご連絡ください。

 いただいたメールアドレスあてに,説明動画のURLと閲覧用パスワードをお知らせいたします。

 

  ※今回の応募は修了しました※

 

事業への応募について

 当事業にの趣旨にご賛同いただき,貴施設での導入をご希望なさる場合は,応募要件を確認の上,下記の方法によりご応募ください。

 

応募の要件

 応募にあたっては,以下の要件を満たしていることを予めご確認下さい。

 

『 1. 宮城県内の介護サービス事業者であり,以下のいずれかの入所施設を運営していること』  

  • 介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
  • 介護老人保健施設(老人保健施設)
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

 

『 2. 運営法人及び施設職員の皆様に,以下のそれぞれの項目についてご理解いただけること』

  • 法人における経営方針として,施設職員のワーク・ライフ・バランスの向上等,「働きやすい職場」の形成に前向きであること
  • 週休3日制度導入等の人事制度の見直しについて,対象となる施設の職員が前向きであること
  • 人事制度の見直しに伴い,労務管理が一時的に煩雑となる可能性があるため,柔軟な対応が可能であること
  • 現時点で施設の勤務形態が週休2日制となっており,有給等の制度も実施されていること
  • 変形労働制,サービス残業等により,職員の実労働時間が把握できていない状態になっていないこと
  • 制度導入の前後は,一時的に人件費が増加する可能性があることから,近年の業績が安定しており,負担の増減に対応が可能であること
  • インターネットに接続したパソコンや,Wi-Fi環境のあるミーティングルームなど,Webでの打ち合わせ等が可能な環境を確保できること

 

応募方法

 説明動画内で,専用の応募フォームのURLをお示ししております。

 動画の説明をご確認いただきましたら,フォーム内に必要事項を記入し,応募願います。 

 

申込期限

 ○令和2年6月5日 午後5時 までにご応募下さい。 

 

実施対象施設の決定

 令和2年度の事業対象施設として,以下の団体(施設)を選定いたしましたので,お知らせいたします。

 

 ○介護老人福祉施設(2施設)

  • 社会福祉法人みずほ「特別養護老人ホームうらやす」
  • 社会福祉法人ウィンズライフ「特別養護老人ホームいろは」

 ○介護老人保健施設(1施設)

  • 医療法人社団清山会「介護老人保健施設いずみの杜」

 ○認知症対応型共同生活介護(2施設)

  • 社会福祉法人青葉福祉会「グループホームはちまんの風」
  • 社会福祉法人さんりん福祉会「グループホームふかふか・はうす」

 

 以上,計5施設をモデル事業者とし,支援を進めて参ります。