トップページ > イベントカレンダー > 実技ワークショップ(11月)「地層を見る/風景の内側を描く」

掲載日:2022年11月13日

ここから本文です。

実技ワークショップ(11月)「地層を見る/風景の内側を描く」

私たちが何かを見つめるとき、そこにどのような意味を見出すのかは、その人の感性や知識、経験などによって異なります。このワークショップでは、地質学者の力を借りて、大地の中を見透かす目で自然風景を見つめることで、自然風景から新たな世界を発見すると共に、それを描くことに挑戦してみます。自然や風景に興味がある方、いつもと違う絵の描き方を試してみたい方、理系だけど絵も好きだという方、サイエンスイラストレーションに興味がある方などにおすすめです。

chisobana

開催日

日付

  • 2022年11月12日(土曜日)10時00分から2022年11月13日(日曜日)16時00分

時間

2022年11月12日(土曜日)13日(日曜日)午前10時から午後4時まで
※申込は終了しました。

場所

美術館創作室2、敷地内、広瀬川の河原

ホームページ

ワークショップ|令和4年度ワークショップ

出演者(講師)

講師:髙嶋礼詩(地質学者・東北大学学術資源研究公開センター教授)
担当:細萱航平(教育普及部職員)

定員

16名(申込多数の場合は抽選)

費用

無料

持ち物

クロッキーブック(あれば)、鉛筆などのドローイング用具(あれば)、絵具などの画材(あれば)、屋外での活動が可能な服装、長靴、昼食
※マスクの着用をお願いいたします。

事前申し込みの有無

事前申し込み必要

締め切り

事前にホームページの申込フォームや電話でお申込みください。
申込期間:10月15日(土曜日)から11月6日(日曜日)まで
※電話での申込の場合、休館日は除きます。

問い合わせ

教育普及部(創作室直通)
022-221-2114

その他

詳しくは「ワークショップ|令和4年度ワークショップ」のページをご覧ください。

お問い合わせ先

宮城県美術館教育普及部 教育普及班

仙台市青葉区川内元支倉34-1

電話番号:022-221-2114

ファックス番号:022-221-2115

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は