ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県有財産の売払いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月15日更新

宮城県では,未利用地の有効活用と財政健全化の一環として,県有財産の売却を進めています。

  • 今後,売却を予定している物件については,処分対象財産リストにより公表しています。(リストに記載されている物件のうち,測量・整地等の条件が整ったものから売却していきます。)
  • 売却の方法は,原則として,年に数回実施する一般競争入札によります。そのほか,先着順による売却が可能な場合もあります。入札・先着順の受付を行っているかどうかは,こちらのページでご確認いただけます。
  • 入札及び先着順のいずれの場合でも,個人の方も購入をお申し込みいただけます。

一般競争入札による売払い 

   現在,受付をしている物件はありません。

  令和元年11月1日から令和元年11月29日で受付けを終了しました。

インターネット入札による売払い

    令和2年1月15日から令和2年2月4日まで申込みを受け付けています。

   (栗原市1件,白石市1件)

   先着順による売払い  

  令和元年9月2日から令和2年1月31日まで,又は,令和2年1月6日から令和2年5月29日まで申し込みを受付けています。

   (栗原市2件,大崎市1件,石巻市1件,登米市1件)

媒介による売払い

   宮城県では,公益社団法人宮城県宅地建物取引業協会および公益社団法人全日本不動産協会宮城県本部と協定を締結し,媒介による売却をお願いしております。
   詳細はこちらをご覧ください。