ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

東日本大震災 復旧・復興状況

東北地方太平洋沖地震概要
農地・農業用施設復旧状況

西矢本地区の現状をお伝えします

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月17日更新

西矢本地区は東松島市西部に位置します。
西小松地区の南側、ブルーインパルスで有名な航空自衛隊松島基地の西側に位置する水田地帯です。

西矢本地区・地図 [PDFファイル/1.29MB]

※この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の5万分の1地形図を複製したものである。(承認番号 平28情複 第624号)なお、この地図を複製する場合は、国土地理院長の承認を得る必要がある。

西矢本地区の現状

 

 西矢本地区は昭和16年から耕地整理事業により10a区画に整備を行いました。
幹線用排水路については国営事業により整備を行いました。
 平成23年の東日本大震災で発生した津波により甚大な被害を受けました。

西矢本被災直後の写真

(被災直後の西矢本地区) 

 このため農業生産基盤の復興に向け,農地復旧と併せて農地整備事業に取り組んでいます。

 これまで、土砂やがれきの撤去から水路・農道の復旧、除塩作業、ほ場整備工事など
山積だった課題をひとつひとつ乗り越えてきました。

平成25年度から農地整備事業に着手し、順次営農が再開され、
平成28年度までに197haの大区画ほ場整備が完了し、
平成29年の春から全てのほ場で営農が可能となりました。

現在は付帯工事が行われています。

 整備された農地では、農地中間管理事業を通して地区法人等担い手への面的集積が進められています。

令和元年稲の生育写真

(令和元年5月 復旧後の農地 ※被災直後と同じ方向)


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)