ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

様式集(調整班)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

様式集PDFファイルをご覧になるには,Adobe Readerが必要です。
パソコンにAdobe Readerがインストールされていない場合は,アイコンをクリックしてダウンロードしてからご覧ください。アドビリーダーのダウンロード

いずれの手続きも事由発生後,速やかに行ってください。(手続きが遅れると返納が生じたり不利益が生じたりします。)
各書類の提出先は,在学中の場合は在学する学校,卒業等後の場合は宮城県教育庁高校教育課です。

貸付を受けようとするとき


※内定者が高校に進学したとき(予約)

※保証人が父母以外の場合等で申請書に添付する住民票に記載されている人以外の場合は、予約奨学生が進学後に保証人の住民票の提出が必要となります。)

本人や保証人の住所,本籍地,氏名に変更が生じたときや本人の通学形態に変更が生じたとき

※本人以外の変更については,その事実を記載した住民票等の添付が必要となります。
※本人又は保護者の住所変更により通学形態に変更が生じた場合は,貸付月額の変更も必要となります。

保証人を変更しようとするとき

※新たな保証人の住民票・収入を証する書類(奨学生の手引等参照)の添付が必要となります。

通学状況(自宅通学から自宅外通学へ又はその逆)等に変更が生じたとき

※住所の変更を伴う場合は,奨学生異動届も必要となります。

本人が死亡したとき

※償還免除申請書及び本人死亡の事実を記載した戸籍抄本等の公的な書類の添付が必要です。

休学,復学,転学,転籍,退学,停学,長期学習中断,同一学年履修,貸付の辞退

※ここでいう復学とは貸付を再開するための手続のことです。学籍上の復学とは異なります。
※転学又は転籍の場合で,引き続き奨学資金の貸付を希望する場合は,それぞれ奨学資金継続願兼貸付期間変更願(転学)又は貸付期間変更願(転籍)の提出が必要です。

貸付休止事由該当者のうち特例条件に該当するため,継続して貸付を受けたいとき

※特例条件については,奨学生の手引き等を参照してください。

専攻科に進学のため,継続して貸付を受けたいとき

※他校の専攻科へ進学する場合は転学の手続きも必要になります。

家計急変により採用されたが,継続して貸付を受けたいとき

転学したが,転学先においても継続して貸付を受けたいとき

※併せて奨学生異動届の提出も必要です。

転籍により正規の修業年限(貸付期間)に変更が生じたとき

※併せて奨学生異動届の提出も必要です。

大学等に在学中や災害,傷病等を理由に償還を猶予してもらいたいとき

※在学猶予の場合は在学証明書,一般猶予の場合はそれぞれ事由を証する書類の添付が必要です。(詳しくは償還の手引を参照してください。)

本人の死亡又は重度の心身障害により償還を免除してもらいたいとき

※添付書類については,償還の手引きを参照してください。

償還方法を変更したいとき

※滞納状態にある場合は認められません。

一括して償還したいとき

一部繰上償還したいとき

住民票の異動を伴わない住所変更、就職先の変更等

各種手引き


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)