ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校担当者の方へのお知らせ(調整班)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

よく使用する様式集

※他の様式は様式集のページ又は貸付事務の手引き(トップページ左下)掲載しています。

学力基準の全履修教科の取扱い

全履修教科は,選択教科を除き必修9教科で算出することとなります。

申請書等の不足について

申請書等が不足した場合は,コピー(両面)で対応願います。

高等学校等育英奨学資金事務の手引について

今後,複数年使用する予定ですので担当者が異動する場合は,必ず引き継がれるようお願いします。
なお,手引きについては,事務の手引きのページ(トップページ左下)からダウンロードすることができます。

「現況届」に伴う児童扶養手当証のコピーについて

8月以降,児童扶養手当受給者は「現況届」のため,「児童扶養手当証」を役所に提出しています。
これにより「児童扶養手当証」のコピーを添付できない場合は次により処理願います。

  • 提出前の「児童扶養手当証」のコピーをとっている場合は,そのコピーを添付してください。
  • 提出の際に役所から「児童扶養手当証書保管証明書」が発行されている場合には,そのコピーを添付してください。
  • 上記のいずれも手元にない場合は,申請書の「母の所得の種類」欄に「児童扶養手当受給中」と記入願います。児童扶養手当の額については,県教育委員会にて積算します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)