ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

他の奨学金制度(調整班)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月23日更新

高等学校の定時制課程及び通信制課程修学資金貸付東日本大震災みやぎこども育英基金奨学金高校生を対象とした奨学金制度を有する県内の市町村他の都道府県の高校奨学金他団体の奨学金高等学校等卒業後の奨学金|福祉資金の修学資金融資制度

高等学校の定時制課程及び通信制課程修学資金貸付

対象

経済的理由により著しく修学に困難がある生徒で次に掲げる生徒。
県内の高等学校の定時制課程及び通信制課程に在学する勤労青少年又は,広域通信課程に在学し,かつ,県内に住所を有する勤労青少年。 

貸付月額

14,000円※卒業による償還免除制度有り。

お問い合わせ先

宮城県教育庁高校教育課電話022-211-3623

東日本大震災みやぎこども育英基金奨学金

対象者

次の1.から4.のいずれにも該当している方

  1. 震災により生計を一にしていた保護者(父又は母若しくはこれに類する者)が死亡し又は行方不明になっている児童生徒等
  2. 上記保護者が,震災時に宮城県内に住所を有していた者
  3. 学校等(小中高等学校,大学,高等専門学校,専修学校など)に在籍し,満22歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者
  4. 他の都道府県から,同種の給付型奨学金の給付を受けていない者

※平成24年11月2日から,奨学金の対象範囲を次のとおり拡大するとともに,拡大対象者が大学等に入学する際の一時金も新設いたしました。なお,奨学金の給付適用については,平成23年4月1日(一部は平成23年3月11日)となります。

拡大前

震災による保護者の死亡時に満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあった者で,大学等を卒業するまでの間奨学金を給付。ただし,給付の上限年齢は原則として満22歳まで。

拡大後

震災による保護者の死亡時に原則として満22歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあった者で,大学等を卒業するまでの間奨学金を給付。ただし,給付の上限年齢は原則として満22歳まで。

奨学金の区分及び金額

奨学金の区分及び金額
区分月額金一時金
小学生 10,000円卒業時150,000円
中学生10,000円卒業時200,000円
高校生等20,000円卒業時600,000円
大学生等30,000円

入学時360,000円
ただし,震災時19歳以上で卒業時の一時金に該当しない場合に給付。

お問い合わせ先

宮城県教育庁総務課電話022-211-3611

高校生を対象とした奨学金制度を有する県内の市町村

  • 石巻市
  • 丸森町
  • 加美町
  • 大崎市
  • 亘理町
  • 本吉町
  • 白石市
  • 山元町
  • 女川町
  • 角田市
  • 松島町
  • 東松島市
  • 蔵王町
  • 七ヶ浜町
  • 涌谷町
  • 七ヶ宿町
  • 大和町
  • 美里町
  • 大河原町
  • 大郷町
  • 栗原市
  • 村田町
  • 富谷町
  • 登米市
  • 柴田町
  • 大衡村
  • 南三陸町
  • 川崎町
  • 色麻町
  • 気仙沼市

平成18年4月現在

お問い合わせ先

各市町村へ

他の都道府県の高校奨学金

宮城県外転出などで,他の都道府県の奨学金に応募する場合は下記にお問い合わせ下さい。
各都道府県における高校奨学金の地方移管担当課等(文部科学省のページにジャンプします。)

※当課が把握しているものです。既に募集が終了しているものもあります。
名称対象等連絡先
福島県奨学資金(震災特例採用)

保護者が福島県内に住所を有し,東日本大震災により被災し,経済的理由
により就学が困難となった高校生又は専修学校(高等過程)生

024-521-7775
財団法人岩手育英奨学会

保護者が岩手県内に住所を有し,東日本大震災により被災し,経済的理由
により就学が困難となった高校生又は専修学校(高等過程)生

019-623-2050

他団体の奨学金(これ以外にも多数の奨学金制度があります。)

高校教育課にお知らせのあった奨学金
奨学金制度・団体等の名称 概要等募集期限等
公益財団法人ハーモニ王氏育英会平成25年4月30日
特定非営利活動法人JBC・CSR基金平成25年5月31日

公益信託カトリック・マリア会
セント・ジョセフ奨学育英基金

平成25年5月7日から
平成25年7月5日まで

(公財)東日本大震災復興支援財団
「まなべる基金(第3期)」

平成25年10月15日

(公財)ヨネックススポーツ振興財団
平成26年度奨学金

平成25年12月31日
アフラック小児がん経験者・がん遺児奨学金制度平成26年2月28日
NPO法人J.POSH事務局
J.POSHまなび奨学金
平成26年5月31日

毎日新聞社・毎日新聞社会事業団
「毎日希望奨学金」

平成26年4月21日

 ※詳しくは,各団体あてにお問い合わせ願います。

高等学校等卒業後の奨学金(これ以外にも多数の奨学金制度があります。)

※当課が把握しているものです。既に募集が終了しているものもあります。
名称対象等連絡先
独立行政法人日本学生支援機構

大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)
に在学する学生・生徒

在学中の学校又は
進学先の学校

読売光と愛・復興支援大学等奨学金東日本大震災の発生時に岩手県・宮城県・福島県のいずれかに居住し,被災した生徒。2014年3月までに高校を卒業し,岩手県・宮城県・福島県に立地する大学等に進学すること。等03-6226-7633
   
高校教育課にお知らせのあった奨学金
奨学金制度・団体等の名称概要等募集期限等
滝川株式会社奨学金制度平成26年7月15日
(株)中山組東北復興支援奨学金制度

株式会社中山組
実施要領 

(社)大阪府宅地建物取引業協会募集概要を参照してください。
公益財団法人三菱商事復興支援財団詳細は平成26年3月頃,財団HPに掲載
(公財)江頭ホスピタリティ事業振興財団平成26年3月15日

※詳しくは,各団体あてにお問い合わせ願います。

福祉資金の修学資金(保護者等に貸付けます。)

生活福祉資金(宮城県社会福祉協議会のページにジャンプします)

お問い合せ先

お近くの社会福祉協議会

  • 低所得世帯を対象とする。修学支度金制度有り。

母子寡婦福祉資金(保健福祉部子育て支援課のページにジャンプします)

お問い合せ先

お近くの保健福祉事務所(各県合同庁舎内等)

  • 母子又は寡婦世帯を対象とする。修学支度金制度有り。

融資制度(保護者等に貸付けます。)

国の教育ローン日本政策金融公庫 国民生活事業(日本政策金融公庫のページに移動します)

お問い合せ先

  • 仙台支店022-222-5173
  • 石巻支店0225-94-1201
  • 一関支店0191-23-4157

(仙台市居住の保護者対象)高等学校等修学資金借入支援制度(仙台市教育委員会のページに移動します)

制度概要

国の教育ローンを日本政策金融公庫から受けた方に対して,在学期間中に支払った利子を補給します。

対象

  • 高等学校等に入学又は在学する生徒の保護者であること
  • 仙台市に居住しかつ引き続き住所を有すること
  • 仙台市税を滞納していないこと
  • 宮城県の奨学金(高等学校等育英奨学資金貸付金)を受けていないこと。ただし以下の場合は申請可能
    1学年で県の奨学金を受けている場合又は県の奨学金が被災生徒奨学資金の場合
  • 経済的理由により修学が困難であること

お問い合わせ先

仙台市教育委員会学事課奨学調整係022-214-8861

自治体提携ローン(東北労働金庫のページに移動します)

お問い合せ先

労働金庫各支店

  • 各自治体が労働金庫に委託して低利融資を行う制度。詳細は労金各支店へ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)