ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|重要文化財|多賀城碑

指定文化財|重要文化財|多賀城碑

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

多賀城碑

国指定 有形文化財 古文書・古碑(多賀城市)

高さ196.0cm 幅92.0cm

宮城県多賀城市の古代の城柵多賀城跡内にある石碑。鎮守将軍として東北 地方の経営に当たった藤原恵美朝臣朝かりが天平宝字6年(762)に多賀城を修造したことを記念して建立。京や蝦夷国等からの距離や、創建を神亀元年(724)大野東人によると記すなど、多賀城と古代東北の解明にとって重要な記載があり、また数少ない奈良時代の金石文として貴重。

多賀城碑