ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|史跡|城生柵跡

指定文化財|史跡|城生柵跡

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

城生柵跡

史跡|加美郡加美町(旧中新田町)|

 玉造・加美丘陵の先端部に立地している。標高は40m、南に広がる鳴瀬川流域平野との比高は10mほどである。

 昭和30年に、本遺跡の東1kmに所在する菜切谷廃寺跡の発掘調査が行われた際に発見された。昭和52年から発掘調査が続けられており、8世紀前半に築かれた城柵跡であることが判明している。遺跡の規模は東西350m、南北370mと、東北の城柵としては最も小さい。周囲に大溝を伴う築地がめぐり、北辺の中央に掘立式の八脚門がある。内部から掘立柱建物跡、倉庫、竪穴住居跡などが発見されており、多賀城の創建と同様に8世紀前半の創建と推定されているが、いまだ政庁は発見されていない。
 本遺跡の性格については、これまで「玉造柵」や「色麻柵」などに比定する考えが示されてきたが、定説にはいたっていない。

築地跡