ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|史跡|大木囲貝塚

指定文化財|史跡|大木囲貝塚

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

大木囲貝塚

史跡|宮城郡七ヶ浜町|

大木囲貝塚は七ヶ浜町東宮浜西部の標高40mほどの台地上に立地する。縄文時代の代表的な貝塚である。台地の縁辺に沿って大小十数ヵ所に貝層が分布する。全体形としては「U」字形を示し、東西210m、南北260mの規模をもち、仙台湾周辺における最大規模の貝塚の一つである。

昭和初期、数ヵ所の貝層部で発掘調査が行われ、出土した土器をもとにして、大木1式から大木10式までの型式編年が設定された。以降この区分は、東北地方南部の縄文時代前期および中期編年の基準になっている。なお、隣接地に建設された町立歴史民俗資料館に貝塚出土品が収蔵・展示されている。

遺跡空撮出土土器