ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ宮城県の指定文化財指定文化財|史跡|雷神山古墳

指定文化財|史跡|雷神山古墳

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月10日更新

雷神山古墳

史跡|名取市|

雷神山古墳は名取市の中心部から南に2km、標高45mほどの小丘陵東端に立地し、仙台平野・名取平野を一望できる位置にある。東北地方最大の規模を持つ前方後円墳で、主軸長168m、後円部の径および前方部の幅96m、後円部の高さ12m、前方部の高さが6mである。周堤と周濠を含めた墓域は南北210m、東西140mほどである。
墳丘の大部分は、地山を削り出して形をととのえ、その上にわずかに積土をして段状に築いており、表面には河原石が葺かれている。主体部は未調査であるが、外表から古墳時代前期の土師器が出土することなどから4世紀末~5世紀初頭に造られ、遠見塚古墳よりさらに広い地域を統括した、きわめて大きな権力をもった首長の墓と考えられている。
現在は、後円部の北側にある径54mの円墳である小塚古墳とともに史跡公園として整備され、市民の憩いの場となっている。

古墳空撮